音楽ナタリー

「アニサマ」2日目、キンプリ×DJ KOOに氷川きよしサプライズ登場も

368

DJ KOOとKING OF PRISMによるコラボレーションの様子。  (c)Animelo Summer Live 2017/MAGES.

DJ KOOとKING OF PRISMによるコラボレーションの様子。 (c)Animelo Summer Live 2017/MAGES.

埼玉・さいたまスーパーアリーナで計3日間にわたり行われる世界最大級のアニメソングイベント「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」の2日目公演が、昨日8月26日に行われた。

祭典の口火を切ったのはangela×fripSide。テレビアニメ「亜人」第2クールでコラボレーションした2組は、疾走感溢れるロックチューン「僕は僕であって」で観客に火を点けると、MCではatsukoと南條愛乃、KATSUとsatが互いを名乗って仲の良さをアピールする。観客を一笑いさせたのちステージに残ったangelaは、シリアスな「イグジスト」では「Follow me Follow you」、テレビアニメ「アホガール」の主題歌「全力☆Summer!」では「うっ! はっ!」と対照的なコールを観客と交換しイベントの幕を開けた。

2番手となった劇場アニメ「KING OF PRISM」の登場キャラクター8人によるユニット・KING OF PRISMのターンでは、まず寺島惇太演じる主人公の一条シンがモニターを通じて観客に応援するようお願いすると、「頑張れ!」のテロップが表示されるという劇中でおなじみのアフレコスタイルで、観客を一気に“キンプリ”ワールドへ引き入れる。メロディアスな「ドラマチックLOVE」では、7人のメンバーの歌唱に合わせて担当キャラクターをモニターに表示。アニメ本編の名場面、迷場面で構成され、さらにカレンダーという歌詞に合わせてカレーを食べるシーンを表示するなど、遊び心たっぷりの映像と共に楽曲を歌い上げた。そのアウトロでは、如月ルヰ役の蒼井翔太が、ルヰそのものの姿でステージに登場。8人が自己紹介を終え、続いて寺島と蒼井が2人で歌おうとしたところで、「キンプリ、アニサマ、俺を忘れるな!」と声を上げてDJ KOO(TRF)がステージ上のDJブースに出現し、TRFのメガヒットナンバーをアレンジした「CRAZY GONNA CRAZY」「EZ DO DANCE」のメドレーへ。本編の物語を想起させるような映像をバックに、観客に“プリズムの煌めき”を届けた。

スタァの後はアイドルグループの活躍が続く。「『アニサマ』の舞台に立つのが夢だった」というLuce Twinkle Wink☆が「go to Romance>>>>>」「Fight on!」とフレッシュなアニメの楽曲を届けると、i☆Risは2013年の初登場時と同じく「Color」のイントロでステージへ。「§Rainbow」、間奏に歴代「プリパラ」楽曲の振り付けが盛り込まれた「Shining Star」と続け、先に披露された「KING OF PRISM」楽曲と合わせ、「プリティーリズム」から続くアニメ「プリティー」シリーズの歴史を辿るようなパフォーマンスを行った。

2人のダンサーを従えた羽多野渉が「You Only Live Once」「ハートシグナル」とダンサブルなナンバーで会場を揺らしたのちは、声優アーティスト陣が各自の世界観を表現。東山奈央はテレビアニメ「月がきれい」のオープニングとエンディングを飾った「イマココ」「月がきれい」でまっすぐな恋心を歌った。2013年以来の出演となった中島愛は「私の原点」と言うデビュー曲「星間飛行」で「キラッ!」の大合唱と緑一色の空間を生み出す。前日にサプライズ出演したSOS団の「ハレ晴レユカイ」に続き、2000年代を代表するキラーチューンで会場が1つになった。

会場をピンクに染め替えたのは、ラブリーさ全開の「ドキドキトキドキトキメキス▽」でショータイムを始めた三森すずこ。彼女が一転して「サキワフハナ」でシリアスな空気を漂わせると、それを引き継ぐように前半のトリとして現れたスフィアの4人はノスタルジックなバラード「My Only Place」のイントロでハーモニーを響かせた。そして寿美菜子の「アニサマ、行くよ!」という煽りから「Super Noisy Nova」で会場の熱気を加速させる。MCでは高垣彩陽のスベリ芸、2016年の「アニサマ」で宮野真守から「ベテランアイドル」と名付けられたエピソードなどでスフィア節を炸裂させ観客の笑いを誘うも、「最高に暑い夏をみんなで過ごしたいと思います。そして最高の思い出を作りましょう!」と「MOON SIGNAL」「HIGH POWERED」といったアッパーチューンを連発。11月からの充電期間を前に、「アニサマ」を彼女たちの“切り札”的なアニソンナンバーで彩った。

後半はテレビアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」の主題歌歌手と声優陣で構成されたキラキラ☆プリキュアアラモード サマーセッションからスタート。彼女たちが主題歌3曲を、アニメ本編でおなじみの変身バンクを交えて披露すると、続いて登場した鈴村健一は「プリキュアのあとはおじさんです!」と自虐コメントでひとイジリ。「HIDE-AND-SEEK」で観客全体を笑顔にした彼は、アニメの曲ではないことを断りつつ、自身の10年の音楽活動を通じて生み出したアンセム「SHIPS」でシンガロングを巻き起こす。同じく男性声優の蒼井翔太は、コケティッシュな声色とドスの効いた声色を巧みに使い分けながらパンキッシュかつアダルティックな「キミに捧げる鎮魂歌」を歌い上げた。

バンドセットが用意されるとfhanaの4人が登場し、テレビアニメ「有頂天家族2」の舞台である下鴨神社など京都の風景を切り取った映像をバックに「ムーンリバー」でアンサンブルを響かせる。「青空のラプソディ」ではtowana(Vo)がメイド姿になり、ステージ上にはカフェのセットが組まれ、多数のメイドやキャストが登場したりと、同楽曲のミュージックビデオの光景を再現。ついにはスフィアとi☆Risもステージに現れ、大賑わいになった舞台上でMVの中で披露されたダンスを踊った。

後半も「アニサマ」らしいコラボレーションが多数実現した。鈴村健一は羽多野渉と「英雄」、前日に続けて登場した茅原実里と三森すずこのユニット“Minorin Mimorin”は「Don't say "lazy"」とエモーショナルなロックチューンで会場を熱狂の渦に。fhanaから魔法使いふうの帽子をプレゼントされたスフィアとi☆Risが、トロッコで会場を周りながら歌ったのは「おジャ魔女カーニバル!!」。最後は「お邪魔しましたー」と10人で声を合わせ、ステージを去っていった。

そして大きなサプライズとなったのが、演歌歌手・氷川きよしの参戦。赤のレザースーツを着込んだ氷川は、自身初のアニソンでテレビアニメ「ドラゴンボール超」の主題歌であるハードロックナンバー「限界突破×サバイバー」でシャウトを響かせ、観客の度肝を抜く登場を果たした。MCでは「実は僕は演歌歌手をやっていまして、『きよしのズンドコ節』ってあるんですけど……知っています?」ととぼけつつ、観客に「きよし」コールを要求。そして「きよしのズンドコ節」をワンフレーズ歌うと、観客からは全力の「きよし!」コールが湧き上がり、「最高! お前ら最強!」と大満足の様子。さらに演歌歌手を始めた経緯やジャンルを超えて盛り上がる音楽の素晴らしさを語ると「子供の頃から聴いていて、心の支えになっている」と言うアンセム「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を観客と共に熱唱した。

ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」から生まれたユニット・アイドルマスター ミリオンスターズは、2016年のアイドルマスター シンデレラガールズや2008年のTHE IDOLM@STERメンバーを思い起こさせるような、怒涛の楽曲ラッシュで会場を圧倒する。テーマソング「Dreaming!」で登場した15人のアイドルたちは、入れ代わり立ち代わりで8曲をメドレーで披露。前半でステージを幅いっぱい使ってハイテンションなナンバーを畳みかけると、後半はバラードや愛美によるギター演奏などバラエティに富んだ内容で楽曲の幅広さを見せつけた。

2日目のトリはfripSide。2人は2015年と同じくLuce Twinkle Wink☆のメンバーが天誅ガールズとしてバックダンサーを務めた「black bullet」で、さっそくこの日最高の熱気を生み出す。続いてオープニングでコラボしたangelaがステージに現れると、今度は「亜人」第2クール後期オープニングテーマ「The end of escape」をドロップ。ギターとシンセ、2人のボーカルで熱量の高いパフォーマンスを続けた。しかしMCでの2組は相変わらず緩い調子。南條が「私はすごい人見知りなんですけど、(angelaのatsukoとは)目を合わせて歌えるんです」と恥ずかしそうに告白すると、satに促されたKATSUは「宇宙世紀0079」から始まるangela恒例の口上を実行。4人は息の合ったMCで、笑いとシュプレヒコールを巻き起こした。2人に戻ったfripSideは最新ナンバー「clockwork planet」でライブを再開すると、ラストは「あまりに大きな会場で右も左も分からないし、緊張しながら立った初めての『アニサマ』で歌った」という「only my railgun」へ。ド派手なアウトロ後にラストサビを繰り返すスペシャル仕様の代表曲で、熱狂する観客と共に会場をfripSideのイメージカラーであるオレンジに染め上げた。

スフィアが卒業式の答辞風の寸劇を繰り広げたり、angelaがカードマジックを披露したりと、出演者全員がそれぞれ“らしい”挨拶をしながら再登場すると、最後はイベントのテーマ楽曲「Playing The World」を観客と大合唱。サプライズが続いた「アニサマ」2日目は、大歓声と共に幕を下ろした。

「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」2日目
2017年8月26日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. 僕は僕であって / angela×fripSide
02. イグジスト / angela
03. 全力☆Summer! / angela
04. ドラマチックLOVE / KING OF PRISM
05. CRAZY GONNA CRAZY~EZ DO DANCE / KING OF PRISM feat. DJ KOO
06. go to Romance>>>>> / Luce Twinkle Wink☆
07. Fight on! / Luce Twinkle Wink☆
08. §Rainbow / i☆Ris
09. Shining Star / i☆Ris
10. イチズ / i☆Ris
11. You Only Live Once / YURI!!! on ICE feat. w.hatano
12. ハートシグナル / 羽多野渉
13. イマココ / 東山奈央
14. 月がきれい / 東山奈央
15. TRY UNITE! -extended version- / 中島愛
16. 星間飛行 / 中島愛
17. ドキドキトキドキトキメキス▽ / 三森すずこ
18. サキワフハナ / 三森すずこ
19. My Only Place~Super Noisy Nova / スフィア
20. MOON SIGNAL / スフィア
21. HIGH POWERED / スフィア
22. SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード / 駒形友梨
23. シュビドゥビ☆スイーツタイム / 宮本佳那子
24. レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム / キラキラ☆プリキュアアラモード サマーセッション
25. HIDE-AND-SEEK / 鈴村健一
26. SHIPS / 鈴村健一
27. 英雄 / 鈴村健一×羽多野渉
28. Don't say "lazy" / Minorin Mimorin(茅原実里×三森すずこ)
29. キミに捧げる鎮魂歌 / 蒼井翔太
30. DDD / 蒼井翔太
31. ムーンリバー / fhana
32. Hello! My World!! / fhana
33. 青空のラプソディ / fhana
34. おジャ魔女カーニバル!! / スフィア×i☆Ris
35. 限界突破×サバイバー / 氷川きよし
36. CHA-LA HEAD-CHA-LA / 氷川きよし
37. Dreaming! / アイドルマスター ミリオンスターズ
38. PRETTY DREAMER~カーニヴァル・ジャパネスク~Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!~Eternal Harmony / アイドルマスター ミリオンスターズ
39. dear...~プラリネ~アイル~Shooting Stars / アイドルマスター ミリオンスターズ
40. Brand New Theater! / アイドルマスター ミリオンスターズ
41. black bullet / fripSide
42. The end of escape / fripSide×angela
43. clockwork planet / fripSide
44. only my railgun / fripSide
45. Playing The World / アニサマ2017出演アーティスト

「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」(終了分は割愛)

2017年8月27日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
<出演者>
アイドルマスター SideM / Wake Up, Girls! / 上坂すみれ / 内田真礼 / 奥華子 / 小倉唯 / 黒崎真音 / ZAQ / SCREEN mode / TrySail / 春奈るな / B-PROJECT / 水樹奈々 / 水瀬いのり / ミルキィホームズ / LiSA / and more

※文中▽は白抜きハートマーク。

※fhanaのhとnの間のaはアキュートアクセント付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー