音楽ナタリー

カーネーション新作「Velvet Velvet」にRECドキュメント収録

11月25日にリリースされるカーネーションのニューアルバム「Velvet Velvet」。この収録内容が明らかになった。

今年4月に発表されたシングル「ジェイソン」より直枝政広&大田譲の2人体制となった彼らだが、今回のアルバムでは中原由貴(タマコウォルズ)、宮田繁男、大野由美子(Buffalo Daughter)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、渡辺シュンスケ、西村哲也といったアーティストたちがレコーディングに参加。キャリア26年にしてさらなる進化をとげた、強力なナンバー12曲が収録される。

また、アルバム初回盤には「ジェイソン」およびタイトルチューン「Velvet Velvet」のビデオクリップと、約40分のアルバムレコーディング・ドキュメンタリー映像を収めたDVDが付属する。「録音ボタンを押した瞬間に世界が一変しました」と直枝が語るレコーディングは一体どのようなものだったのか。ファンにとっては観逃せない映像となりそうだ。

リリースツアー「CARNATION tour 2009 "Velvet Velvet"」は12月11日より、大阪・京都・東京の3都市で開催。このツアーには中原由貴(Dr)、渡辺シュンスケ(Key)の2人がサポートメンバーとして参加する。

直枝政広 アルバム「Velvet Velvet」コメント

録音ボタンを押した瞬間に世界が一変しました。
眼前に広がった音楽的風景は予想もつかないほどの絶景でした。
このアルバムがカーネーションの新たなる金字塔となります。
とてつもなく眩しい夜明けに包まれながら今、ぼくはこれを書いています。
このマジカルな音の衝撃をはやくみなさんに伝えたくてうずうずしています。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー