音楽ナタリー

大原櫻子「チア☆ダン」主題歌を初披露、広瀬すず感涙「主題歌がさくちゃんでよかった」

817

大原櫻子(右)と涙する広瀬すず(左)。

大原櫻子(右)と涙する広瀬すず(左)。

大原櫻子が本日3月7日に東京・東京ミッドタウン アトリウムにて実施された映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」のトークイベントに出席した。

大原は映画の主題歌および挿入歌を担当していることからイベントに登場。映画の主演を務める、親友・広瀬すずと共にトークを繰り広げた。最初に2人は昨日もプライベートで会っていたことを明かして、さっそく仲の良さをアピール。しかしながら2人だけでの仕事は今日が初めてだと言い、広瀬は「姉と一緒の仕事のときみたい。安心して、いい意味でダラっとリラックスできる」、大原は「私は普段お客さんのいる前だと一人が多いので、心強い。だけどちょっと不思議、照れますね」とはにかんだ。

親友同士の女性ファンを招いて行われたこのイベントは、ファンから応募した“親友あるある”をテーマに進行する。2人は「SNSでの会話が簡素」「どこか行きたいところがあると自然に一緒に行く」という項目に共感を示し、普段のやりとりについて話した。またお互いが同じ答えを書くかどうかを試すクイズでは「次に2人で遊びに行きたいところは?」という問題に、2人共「台湾」と回答して大正解。2人はハイタッチで喜びを表した。

後半、話題は大原の歌唱する、映画の主題歌「ひらり」へ。映画の主題歌を大原が担当すると聞いたときの感想を聞かれると広瀬は「本当にうれしくて悲鳴をあげました。親友が主題歌を歌ってくれるなんてうれしい」と声を弾ませる。また大原は同曲に込めた思いを「青春時代のキラッとした部分を切り取った映画なので、青春時代を過ぎて大人になった皆さんが『そういう気持ちって大事だったな』って思える曲にした」と語った。そして大原は同曲を初披露。集まったファンと、客席の最前列に立つ広瀬の前で、柔らかなバラードを丁寧に歌い上げた。歌が終わると、広瀬は涙を浮かべてステージへ。「主題歌がさくちゃんでよかった!」と感激した様子を見せた。最後に広瀬が「部活とか何かがんばってることがある人、何かをがんばりたいと思っている人にまっすぐ心に刺さる映画になっていると思います。ぜひ大きなスクリーンで観てほしいです」と映画をアピールしてイベントの幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー