音楽ナタリー

細野晴臣「アンビエント・ドライヴァー」解説・テイ&帯文・小山田で文庫化

405

細野晴臣の著書「アンビエント・ドライヴァー」の文庫版が本日2月9日にちくま文庫より刊行された。

本著は1995年から2005年にかけて、細野が「エスクァイア 日本版」や「ソトコト」などでつづってきたエッセイをまとめたもので、2006年にマーブルトロンより発売されていた。「ネイティヴ・アメリカンの教えから」「二十世紀の音楽」「ニュースの隙間に見えるもの」「記憶を音に置き換える」など幅広いトピックが細野独自の視座から語られており、氏の音楽観、自然観、人生観などに触れることができる。

今回の文庫化にあたり、新たに細野によるあとがきと、TOWA TEIによる解説文を追加。帯文は小山田圭吾(Cornelius)が寄稿している。

音楽ナタリーをフォロー