音楽ナタリー

ももエビしゃち前橋に集結!3Bライブ「俺の藤井」大成功

933

スターダストプロモーション芸能3部内「3Bjunior」によるライブイベント「3Bjunior Live Final “俺の藤井” 2014」が、昨日1月4日に群馬・グリーンドーム前橋にて開催された。

ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボー、KAGAJO☆4S、みにちあ☆ベアーズら個性豊かなアイドルたちが所属するスターダストプロモーション芸能3部。「3Bjunior」はこれまで芸能3部に所属する18歳以下の女性タレントがレッスンを兼ねたアイドル活動をする場として機能していたが、これからは新たにスターダスト内のアイドルに特化した部署へとシフトチェンジすることになった。毎年実施されていた18歳メンバーの“卒業式”としてのイベント形式は今年が最後。今回はももクロの玉井詩織をはじめ、青山奈桜、大久保聡美、長尾寧音の4名が卒業証書授与式を行った。

イベントはまず、みにちあ☆ベアーズによるオープニングアクトからスタート。元気いっぱいの歌とチアリーディングで会場を盛り上げると、続いてステージ上の巨大スクリーンに着物姿の3Bjuniorメンバーと、エビ中の“サブカル校長”こと藤井マネージャーの姿が映し出される。しかしそこにはももクロの5人の姿がなく、ほかのメンバーは校長に「ももクロを呼んできて!」とせっつき、校長は袴姿でももクロの楽屋へとダッシュ。楽屋でももクロの5人にいじり倒される校長、という奇妙なオープニングムービーでイベントの幕は開いた。

トップバッターを務めたのは、はるばる大阪からやって来た結成1年足らずの新勢力、たこやきレインボー。6人は新曲「なにわのはにわ」を含む3曲を歌い上げ、ほかの“お姉さん”グループ目当てのファンにもその存在をアピールした。次のKAGAJO☆4Sは神奈川を拠点に活動する4人組。残念ながら2月1日をもってグループを解散することが決定しているが、この日は「毎日がクリスマス」など3曲を披露し、ほかのグループとはひと味違う清楚な魅力を見せつけた。

続く「チームホタルイカ」と「チーム大王イカ」は、藤井校長の結婚を祝うべく海から上がってきた、という設定のグループで、いずれも残念ながら今回がラストステージとなった。2組はパフォーマンスを終えると海に戻っていったが、チーム大王イカの小林歌穂と中山莉子は群れからはぐれてしまう。なお小林と中山の2人は終演後に配布された号外チラシにて、私立恵比寿中学に“新入生”として“転入”することが明かされた。2人がチーム大王イカからはぐれる謎の寸劇は、このエビ中への“転入”を示唆したものだったようだ。

ライブパフォーマンス前半戦はここで終了し、玉井、青山、大久保、長尾の卒業式へ。校長が1人ひとりに卒業証書を手渡していく。玉井が「リーダー(百田夏菜子)に言ってきてと言われたことがあるんで」と、おもむろに「いつ卒業するの?」と呼びかけると、観客は「今でしょ!」と大きな声で応えた。

卒業式を挟んでのライブアクトは、まずチームしゃちほこから。おなじみの出囃子で登場した6人はアシッドハウス風味の新曲「いいくらし」からスタートさせ、そこからMCも挟まず立て続けに5曲をパフォーマンス。最後に歌われた新曲「大好きっ!」ではスクリーン映像を使って、2DAYSライブ「野郎NIGHT 2014」「乙女祭り 2014」開催決定の告知が行われた。ライブは2月21、22日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて2日連続で実施。詳細は後日改めてアナウンスされるので、ファンは楽しみにしておこう。

続いてステージに上がったのは、昨年末に突然のメンバー瑞季、杏野なつ、鈴木裕乃が“転校”を発表し、ファンを騒然とさせた私立恵比寿中学。今回は“転校”発表後初のライブということもあり、ファンからも大きな注目が集まっていた。9人は最新シングル「未確認中学生X」やそのカップリング「使ってポートフォリオ」、ステージや花道を所狭しと駆け回りながらの「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」など合計5曲を披露。いつも通りの、ちょっと力の抜けたエビ中らしいパフォーマンスを展開した。しかし終演後には前述の通り、号外にて新メンバーの“転入”を告知するというサプライズが。また終演後には楽屋通路にて急遽Ustream配信が行われ、転入生2人が紹介された。

トリのももクロ登場を前に、会場には「それではここで、本日限りの特別ユニットをご覧いただきましょう!」という校長からのアナウンスが流れ、2組の特別ユニットが披露された。まずはももクロ・有安杏果、エビ中・柏木ひなた、チームしゃちほこ・伊藤千由李の「てんかすトリオ」。各グループの中でとりわけ歌唱力に定評のある3人によるユニットだ。3人がオリジナル楽曲「永遠のトリニティー」を熱唱すると、会場は異常な盛り上がりを見せた。続いてエビ中・真山りか&安本彩花、しゃちほこ・大黒柚姫、たこやきレインボー・堀くるみの4人による「チーム東名阪」が歌ったのは、和風なテイストが盛り込まれた「膝栗毛」。いずれもこの日のために書き下ろされた渾身のナンバーで、CDリリースが望まれるところ。新生3Bjuniorならではのこういった特別編成にも今後期待しておこう。

おなじみ「Overture」にバックに、ももクロの5人が満を持してステージに現れると、場内の熱気はさらにヒートアップ。3Bjuniorを代表するグループとしての貫禄十分だ。この日は年末の埼玉・西武ドーム公演で初披露された広瀬香美書き下ろしの新曲「泣いちゃいそう冬」や高見沢俊彦(THE ALFEE)提供の「鋼の意志」といった最新楽曲から、代表曲「行くぜっ!怪盗少女」まで、幅広いセットリストで観客を魅了した。そしてMCではリーダー百田夏菜子が「私たちは約束します。これからも進化し続ける3Bjuniorを私たちが引っ張っていきたいと思います!」と力強く宣言。最後は出演メンバー全員を呼び込み、1月1日にリリースされたシングル「七色のスターダスト」の合唱で、約4時間半に及んだイベントを大団円に導いた。

そしてすべてのパフォーマンスが終わったところで、校長から来年の「“俺の藤井” 2015」に関するアナウンスが。来年は会場を東京・日本青年館に移し、計7日間にわたって行うとのこと。その名も「藤井の七日間戦争」。さらに進化した3Bjuniorの面々がどのようなステージを繰り広げてくれるのか。今後の展開にも注目だ。

なおナタリーでは現在、3Bjuniorの魅力に迫る特集ページを公開している。

「3Bjunior Live Final "俺の藤井"2014」
2014年1月4日 群馬県・グリーンドーム前橋 セットリスト

みにちあ☆ベアーズ

01. みにちあ応援歌
02. みにちあ☆123
03. みにちあ☆100

たこやきレインボー

01. オーバー・ザ・たこやきレインボー
02. なにわのはにわ
03. めっちゃFUNK

KAGAJO☆4S

01. およげ!しらすちゃん
02. 決められないよ、どっちかなんて
03. 毎日がクリスマス

チームホタルイカ

01. 最強パレパレード
02. ベビーローションZ

チーム大王イカ

01. ダイビング
02. かえして!ニーソックス

卒業式(青山奈桜、大久保聡美、長尾寧音、玉井詩織)

チームしゃちほこ

01. いいくらし
02. ピザです!
03. そこそこプレミアム
04. 乙女受験戦争
05. 大好きっ!

私立恵比寿中学

01. 未確認中学生X
02. 仮契約のシンデレラ
03. 誘惑したいや
04. 使ってポートフォリオ
05. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX

てんかすトリオ(有安杏果、柏木ひなた、伊藤千由李)

01. 永遠のトリニティー

チーム東名阪(真山りか、安本彩花、大黒柚姫、堀くるみ)

01. 膝栗毛

ももいろクローバーZ

01. BIRTH O BIRTH(Oは/付きが正式表記)
02. 仮想ディストピア
03. 泣いちゃいそう冬
04. いつか君が
05. 空のカーテン
06. 労働讃歌
07. 行くぜっ!怪盗少女
08. 鋼の意志

出演者全員

01. 七色のスターダスト

※特集記事へはこちらから!
ナタリー - [Power Push] 3Bjunior「七色のスターダスト」特集

音楽ナタリーをフォロー