音楽ナタリー

瀬々敬久

ゼゼタカヒサ

京都大学在学中から自主映画を制作。1985年に16ミリ作品「ギャングよ、向こうは晴れているか」が絶賛され、翌年獅子プロに入社。監督デビュー作で第2回ピンク大賞新人監督賞を受賞する。今日的な社会問題をテーマにしながら、斬新な映像世界を構築していく手腕は注目に値する。1997年「KOKKURIさん」で一般映画デビュー。

(C) PIA

瀬々敬久のニュース

音楽ナタリーをフォロー