音楽ナタリー

THE STARBEMS

THE STARBEMS

スターベムズ

2010年のBEAT CRUSADERS“散開”後、日高央(Vo)が展開していたソロユニット「ヒダカトオル(BAND SET)」がその前身。ヒダカトオル(BAND SET)のサポートメンバーとして寺尾順平(B / ex. ワイルドマイルド)、後藤裕亮(G / LOCAL SOUND STYLE)、高地広明(Dr / SHENKY GUNS)、越川和磨(G / ex. 毛皮のマリーズ)、菊池篤(G / Fed MUSIC)が続々と集結し、2012年12月末の「COUNTDOWN JAPAN 12/13」でTHE STARBEMSの結成を発表した。2013年3月の「PUNKSPRING 2013」より活動を開始。2013年3月、ユニコーンのトリビュートアルバム「ユニコーン・カバーズ」に提供した「I'm a loser」のカバーがTHE STARBEMS名義での初音源となった。翌4月に1stシングル「FUTURE PRIMITIVE e.p.」を4444枚限定でリリース。そして6月、1stアルバム「SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD」を発表した。

THE STARBEMSのニュース

音楽ナタリーをフォロー