映画ナタリー

ジェット・リー、ドニー・イェン、朝青龍共演の短編「功守道」がWeb公開

772

「功守道(原題)」ビジュアル

「功守道(原題)」ビジュアル

中国企業アリババグループの創業者で、現在は会長を務めるジャック・マー主演の短編映画「功守道(原題)」が、中国の動画サイトYoukuで本日11月12日に公開された。

「功守道」はジャック・マー扮する太極拳の達人がさまざまな武術の達人と戦っていくアクション映画。「マッハ!」のトニー・ジャー、「戦狼/ウルフ・オブ・ウォー」のウー・ジン、元横綱の朝青龍、「イップ・マン」シリーズのドニー・イェン、「少林寺」のジェット・リーらが対戦相手として登場する。さらにホアン・シャオミントン・ダーウェイ、イギリス出身の世界的な某アクション俳優らがカメオ出演している。

アクション顧問には「グリーン・デスティニー」「マトリックス」のユエン・ウーピン、「燃えよデブゴン」シリーズのサモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」「HERO」のチン・シウトンが名を連ね、「海洋天堂」でジェット・リーの息子を演じたウェン・ジャンが監督を務めた。そしてジャック・マーとフェイ・ウォンがエンディングテーマを歌う。

本作は、長年太極拳を学んでいるジャック・マーと、功守道という新たな武術を始めたジェット・リーがタッグを組み、中国武術の振興を目的に製作したもの。11月15日には功守道初の公式大会が北京で行われる予定となっている。

画像提供:太極禅国際文化発展有限公司

映画ナタリーをフォロー