映画ナタリー

「仮面ライダー剣」天野浩成が渡邉剣と「花は咲くか」でキスシーンに挑戦

1114

「花は咲くか」メインビジュアル

「花は咲くか」メインビジュアル

渡邉剣が映画初主演を務める「花は咲くか」に、特撮ドラマ「仮面ライダー剣」の天野浩成が出演していることが明らかになった。

本作は、日高ショーコによる同名BLマンガの映画化作品。ぶっきらぼうで寡黙な美大生・水川蓉一と18歳年上のサラリーマン・桜井和明が惹かれ合う様子を描く。渡邉が蓉一役、天野が桜井役を務め、脚本を「どうしても触れたくない」の高橋ナツコ、監督を「あかり」の谷本佳織が担当した。

劇中で渡邉とのキスシーンを演じている天野は「戸惑いも最初はありましたが30代最後の歳、自分の出来る限り芝居を精一杯演じたい!と思っていたタイミングでの出逢いでした」「それぞれのシーンが素敵なものになり、桜井の気持ちがちゃんと繋がった作品になったと思いますので、みなさん楽しみにしていて下さい」とコメントを寄せている。

「花は咲くか」は2018年2月24日よりロードショー。

天野浩成 コメント

39歳にして初めてのBLと言われる作品との出逢いでした。
戸惑いも最初はありましたが30代最後の歳、自分の出来る限り芝居を精一杯演じたい!と思っていたタイミングでの出逢いでした。
原作も直ぐに読み作品の内容、登場人物それぞれにとても素直に心を動かされる作品で、桜井和明役を自分が演じたいと思いました。原作を知っている方も、映画で初めて見る方も、この作品を楽しんで頂ける様に、監督と話し合い撮影に挑みました。
そして、それぞれのシーンが素敵なものになり、桜井の気持ちがちゃんと繋がった作品になったと思いますので、みなさん楽しみにしていて下さい。

谷本佳織 コメント

大好きな作品の映画化に監督として携われたことを大変光栄に思います。
蓉一が色を重ねて絵を描くように、登場人物の感情を重ねて映画を作っていこう。そう意識しながら、惹かれあう蓉一と桜井さんの感情の動きを丁寧に作り込みました。
リハーサルを重ねるたびに、渡邉さんと天野さんが、蓉一と桜井さんへと変わっていく様子を目の当たりにして、確かな手応えを感じました。
そして、撮影初日の現場に立つ2人の姿は、まさに蓉一と桜井さんそのものでした。その他、美術やロケーションにもこだわって作ったので注目して欲しいです。
たくさんの人に愛されている原作の魅力を、スクリーンでもお楽しみいただけますと嬉しいです。

(c)2018東映ビデオ

映画ナタリーをフォロー