映画ナタリー

「斉木楠雄」福田雄一が山崎賢人との再タッグ熱望、吉沢亮は「中二病が降りてきた」

5067

「斉木楠雄のΨ難」完成披露舞台挨拶の様子。

「斉木楠雄のΨ難」完成披露舞台挨拶の様子。

斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」の完成披露試写会が、本日9月28日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの山崎賢人橋本環奈新井浩文吉沢亮笠原秀幸賀来賢人ムロツヨシ佐藤二朗内田有紀、監督の福田雄一が登壇した。

麻生周一の同名マンガを実写化した「斉木楠雄のΨ難」は、持って生まれた超能力のせいで日々災難に見舞われてしまう高校生・斉木楠雄の日常を描く学園コメディ。

楠雄役の山崎は「心の中でツッコんでいるっていう設定なので、皆さんのボケに笑いをこらえるのが大変でした」と苦労を語る。特にムロツヨシとの共演シーンについては「カメラに映っていないところでも、ムロさんがさっきと違うことをやったりしていて、ほぼ笑っちゃいましたね」と話し、「うまく真顔の部分を使いまわしていただいて……」とぶっちゃける。福田は「笑ってるところは2回くらい使ってる。賀来賢人との“W賢人”の場面の顔は細かくチェックしていただきたい」と説明。さらに「コメディに本当に向いてるなと思った。これから何度もご一緒したい」とラブコールを送った。

中二病の海藤を演じた吉沢は、「今まで役者やってきた人生の中で、一番のハマり役だと思ってます」と断言。「自分の中に中二病がいるな、と思いました。あの芝居、自分の中にあるものしか使ってないですもん。動きとかが降りてくるんですよ」と言うと、福田組常連のムロツヨシと佐藤が「自分発信なの!? 福田さんが好む動きだから、やらされたのかと思ってた」と驚愕。肩を揺らしながら走る海藤の動きを再現する吉沢に、福田も「亮くんが走ってくるだけで面白いわけ。現場でも僕の周りを『いやー楽しいわ』って言いながらうろうろしてて。『銀魂』ではそんな姿一度も見なかったです! あんなに緊張してた吉沢亮が、この作品でまあ羽ばたきましたよね!」と絶賛した。

この日、なぜか司会から“賀来ポン太”と紹介された窪谷須役の賀来。実は午前中に撮影したPR番組にて、山崎と“本当の賢人はどっちだ!?対決”に敗れ、本作の関連イベントへはすべてポン太名義で出演することになったそう。賀来は「改名しました」「賀来ポンです! ポン!」とコミカルなポーズでファンを沸かせる。本作の撮影を「福田さんによく変な顔をやらされるんですけど、今回は初めて体に支障が出まして。目に力を入れすぎてものもらいができたんです」と回想したほか、「僕も『銀魂』のときはあんまりハジけらんなかったんですけど……」とボケて「出てねえだろ!」と佐藤にツッコまれた。

原作と同じく、ヒロイン・照橋の美しさに対する男性のリアクション“おっふ”が何度も登場する本作。中でも“おっふ”の回数が多い燃堂役の新井は、照橋を演じた橋本に関して「でも実際かわいいからやりやすいよね。ほら、うち童顔好きだから」とまさかのカミングアウト。またムロツヨシは「さっき環奈ちゃんと内田有紀さんが2人で写真撮ってて気付いたんですけど、この作品って親子で観に来たら、学生とお父さん、2人とも『おっふ!』ってなるの!」と力説する。そのまま橋本と内田をステージ中央に呼んで“親子おっふ”の構図を演出したほか、女性ファンのために山崎、吉沢、賀来に並んでポーズを取らせるムロツヨシ。最後には自ら「女子は完璧すぎない人が好きだからね」と言って新井、笠原、佐藤とともにポーズを取り、“おやじおっふ”と称していた。

イベントの終盤には山崎が「悪い人が1人も出てこない、本当にハッピーで楽しい映画ですので、幸せになれると思います。ぜひ楽しんでください」と観客にメッセージを送る。そして福田が「ギャグ映画は日本ではあまりヒットしないものとされてしまっているんですが、もしこういう作品がヒットしてくれたら我々の生きていく道ができる。そうしたら、ひょっとするとパート2なんかができたりして!」とファンの期待を煽り、イベントは終了した。

「斉木楠雄のΨ難」は、10月21日より全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

※映画ナタリーPower Push公開中!
東京ディズニーリゾート®︎「ディズニー・ハロウィーン」千葉雄大×吉沢亮×中川大志PR

(c)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

映画ナタリーをフォロー