映画ナタリー

“あぶ刑事大好き”広末涼子、舘ひろしを惑わす美女役で「終わった人」に出演

49

内館牧子の同名小説を映像化する「終わった人」の追加キャストが発表され、広末涼子らの出演が明らかになった。

本作は舘ひろし黒木瞳が夫婦役で共演し、中田秀夫がメガホンを取ったコメディ。大手銀行のエリートコースを外れ、子会社で定年を迎えた主人公・田代壮介を舘が、かつての輝きを失った夫と向き合えない美容師の妻・千草を黒木が演じる。

広末が演じるのは、定年退職した壮介が大学院受験のために通うカルチャースクールの受付嬢・浜田久里。壮介と同郷の岩手県出身で、異性を勘違いさせるような言動により壮介を惑わすという役どころだ。さらに壮介と千草の娘・山崎道子役に臼田あさ美、千草のいとこでありイラストレーターの青山俊彦役に田口トモロヲがキャスティングされた。

広末は「いわゆる愛人でもなく浮気相手でもなく、彼女としては、男性に作為的ではなく距離感を縮めていく。その女性像を、すごく細かく中田監督と合わせて作っていっています」と役のイメージを説明する。初共演の館については「『あぶない刑事』が大好きで、小さいころ、走り方を真似していました」とエピソードを明かし、「舘さんのかっこよくて素敵な部分だけじゃない役作りと、男性の下心のキュートさが、これからどう作品に描かれるのか、とても楽しみです」とコメント。一方館は、広末の印象を「とても素敵な方で、共演していてとても楽しいです。(役柄として)ちょっと押され気味です(笑)」と述べている。

「終わった人」は2018年に全国ロードショー。

広末涼子 コメント

舘ひろしとこの作品について

コメディタッチでもあり、リアリティもあり、夢もある素敵な脚本ですね。舘ひろしさんが壮介を演じるとお聞きして、さらに素敵だなと思い期待感が高まりました。あんなかっこいい、定年退職した人、いないですよね? そういう方が、こういうコミカルなお話を演じるのは、とても面白いと思いました。
久里は、わたしにとってはとても難しい役。いわゆる愛人でもなく浮気相手でもなく、彼女としては、男性に作為的ではなく距離感を縮めていく。その女性像を、すごく細かく中田監督と合わせて作っていっています。
舘ひろしさんとは、初めて共演させていただくのですが、「あぶない刑事」が大好きで、小さいころ、走り方を真似していました。
今回、お会いして、いい意味で印象が違っていて驚きました。もっと大御所でクールな感じかと思っていたら、すごく演技に対して熱意があって、1シーンを監督たちと作り上げていく、その謙虚さが素敵でした。
舘さんのかっこよくて素敵な部分だけじゃない役作りと、男性の下心のキュートさが、これからどう作品に描かれるのか、とても楽しみです。

年齢差のある恋愛について

私にはすごく難しい。舘ひろしさん演ずる壮介に恋心を、どう抱いてもらえるかは、男性目線がわからず不安があります。久里は、ちょっと豪快で、思ったことをすぐ口に出す天然な感じの女性。男性にとっては、その仕草、表情が恋とも受け取れる。壮介との距離感の縮め方は、監督にバランスを取ってもらっています。最近、原作を読んでから、これはどういう関係だろう?と思う男女を見ると観察しちゃうようになりました(笑)。

舘ひろしと黒木瞳が演じる夫婦像について

舘ひろしさんと黒木さんの夫婦はとても素敵! こんな夫婦、いないよー、って思っちゃう美しさ、見とれちゃいます。素敵だなあと思います。

舘ひろし コメント

広末さんは、とても素敵な方で、共演していてとても楽しいです。(役柄として)ちょっと押され気味です(笑)。

(c)2018「終わった人」製作委員会

映画ナタリーをフォロー