映画ナタリー

「銀魂」中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮が演じる“真選組”キャラビジュアル解禁

5377

左から柳楽優弥演じる土方十四郎、中村勘九郎演じる近藤勲、吉沢亮演じる沖田総悟。

左から柳楽優弥演じる土方十四郎、中村勘九郎演じる近藤勲、吉沢亮演じる沖田総悟。

小栗旬主演の映画「銀魂」より、中村勘九郎(6代目)、柳楽優弥吉沢亮が演じる“真選組”の3人のキャラクタービジュアルが到着した。

本作は、空知英秋のマンガを福田雄一が実写映画化したアクションエンタテインメント。宇宙から襲来した天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、小栗演じる万事屋・坂田銀時の活躍を描く。

真選組とは、攘夷浪士の捕縛や将軍の護衛などを行い、江戸の治安を守る特殊警察。銀時や志村新八ら万事屋の面々とは腐れ縁のような関係にあり、顔を合わせるたびにいさかいを起こしている。

小栗の推薦により起用された中村が演じるのは、局長・近藤勲。お人好しで隊士たちから絶大な信頼を誇る人物だが、すぐに服を脱ぐなど下品な行動に走ることが多い。新八の姉・妙に一方的な好意を抱き、ストーカー行為を繰り返している。

柳楽が扮するのは、副長の土方十四郎。「鬼の副長」と呼ばれ、テロリストのみならず隊士からも恐れられる真選組のNo.2だ。ヘビースモーカーで、マヨネーズをこよなく愛す。

そして吉沢が演じるのは、一番隊隊長の沖田総悟。さわやかな外見に反して毒舌で腹黒、ドSな内面を持つ。目が描かれたアイマスクと、江戸っ子口調が特徴。真選組随一の剣の使い手でありながらバズーカを愛用し、副長の座に就くため隙あらば土方の命を狙う。

このほか本作には、菅田将暉橋本環奈長澤まさみ岡田将生ムロツヨシ堂本剛らが出演。7月14日より全国ロードショーとなる。

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー