映画ナタリー

庵野秀明が制作総括、カラー初のTVアニメ「龍の歯医者」声優は清水富美加

2727

庵野秀明が制作統括と音響監督を務めるテレビアニメ「龍の歯医者」が、NHK BSプレミアムにて2月18日と25日に放送決定。声の主演を清水富美加が務めることもわかった。

「龍の歯医者」は、庵野が代表を務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメ。“龍の国”を舞台に、国の守護神である巨大な龍を虫歯菌から守る新米歯医者の岸井野ノ子と、龍の不思議な力で生き返った隣国の少年兵・べルの物語を描き出す。舞城王太郎と榎戸洋司が脚本を担当し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の鶴巻和哉が監督を務めた。

清水が声を当てるのは、食べ物目当てで試験を受け、龍の歯医者となった15歳の少女・野ノ子。そして彼女の後輩として歯医者になる17歳のべル役を、岡本信彦が務める。さらに野ノ子の先輩・悟堂ヨ世夫役で山寺宏一、ベテラン歯医者の夏目柴名役で林原めぐみが参加する。

なお主題歌は、カバー版「ぼくらが旅に出る理由」。小沢健二の楽曲をナカムラヒロシ(i-dep)が編曲し、RINKU(Mistera Feo)が歌を担当した。

このたび清水からコメントが到着。同作が声優初挑戦にして、アニメ初主演となる彼女は「ドラマや映画などとまったく違うどんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです」と意気込んでいる。

龍の歯医者

NHK BSプレミアム
前編:2017年2月18日(土)20:00~20:45
後篇:2017年2月25日(土)20:00~20:45

清水富美加 コメント

アニメーション作品で主演を務める、というのは、私にとって初めての大役になります。ドラマや映画などとまったく違うどんな演技ができるのか、「期待6割&不安4割」というところですが、へこたれずに臨みたいです。主人公の野ノ子は、15歳の女の子らしい純粋さやひたむきさと、大人顔負けの達観したところを併せもつ魅力的なキャラクターです。ファンタジーとメッセージ性のあふれる「龍の歯医者」の世界を幅ひろい世代のみなさんに楽しんでいただけるよう、一生懸命演じたいと思います。

映画ナタリーをフォロー