映画ナタリー

「仮面ライダー」新作予告にウィザード、鎧武、ドライブの変身も!?ゲストに佐野史郎

357

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」に、佐野史郎が出演していることが明らかに。YouTubeにて予告編も公開された。

2人の仮面ライダーが共闘を果たす「MOVIE大戦」シリーズが“レベルアップ”し、「平成ジェネレーションズ」として生まれ変わった本作。仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーゴーストに加え、仮面ライダードライブ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーウィザードも登場する。

「仮面ライダーエグゼイド」の世界を舞台にした本作で佐野が演じるのは、かつてネクストゲノム研究所の所長を務めていた男・財前美智彦。闇に葬られたあるプロジェクトを再開するため、マスクを被り“Dr.パックマン”として行動している。人類への復讐のためゲームウイルス生命体の“パックマンウイルス”を生み出すという役どころだ。

佐野は今回の発表にあたり「劇中、『あの時の高校生が仮面ライダーになるとはな』と言う台詞があるのですが、私が高校生の時に仮面ライダー1号が登場した時のことが思い出され、『あの時の高校生が仮面ライダーに出るとはな』という自分へのメッセージでもありました」と「仮面ライダー」シリーズへの思い入れを明かしている。

このたび公開された予告編には、Dr.パックマンが変身を遂げた姿“ゲノムス”や、棚橋弘至扮する敵・来瀬荘司の姿も収められている。さらに、追い詰められた「仮面ライダーエグゼイド」の宝生永夢と「仮面ライダーゴースト」の天空寺タケルの前に、3人のライダーが登場。仮面ライダードライブのシフトカー、仮面ライダーウィザードのウィザードリング、仮面ライダー鎧武のロックシードといったアイテムが映し出され、それぞれの変身シーンも一部確認できる。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」は12月10日より全国ロードショー。

佐野史郎 コメント

初めて仮面ライダーシリーズに出演させていただき光栄です。しかもシリーズ45周年記念作品!! クラシックホラーのフランケンシュタイン博士を彷彿させるマッドサイエンティスト財前役は演じていて俳優冥利に尽きました。劇中、「あの時の高校生が仮面ライダーになるとはな」と言う台詞があるのですが、私が高校生の時に仮面ライダー1号が登場した時のことが思い出され、「あの時の高校生が仮面ライダーに出るとはな」という自分へのメッセージでもありました。Dr.パックマンの正体は私が演じる財前!! 目の前のものを何でも食い尽くすキャラクターは、見た目の可愛さとのギャップもあり一層恐ろしく感じました。それにしても、人間の遺伝子を操りその器を変えながら生き続けるゲノムスの世界は、この世をゲームの世界として観、映像の世界に生き続けてきた歴代ライダー達の姿とも重なります。その思想の象徴ともいうべき変身後のゲノムスこそNo,1の格好良さ!!とだけ断言しておきましょう(笑)。

「エグゼイド&ゴースト」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

映画ナタリーをフォロー