映画ナタリー

大阪で松竹映画の特集上映、「白痴」「東京物語」「青春残酷物語」など42本そろう

81

「東京物語」 (c)1953 松竹株式会社

「東京物語」 (c)1953 松竹株式会社

「松竹120周年祭 女優王国松竹、そして松竹の監督たち」と銘打たれた特集上映が、明日4月30日から6月24日にかけて大阪のシネ・ヌーヴォにて開催される。

これは2015年に創業120周年を迎えた松竹の製作による映画を集めた特集上映。黒澤明の「白痴」、小津安二郎の「晩春」「東京物語」など2015年に逝去した原節子の出演作が複数スクリーンにかけられる。また木下惠介高峰秀子が初タッグを組んだ「カルメン故郷に帰る」、大島渚による青春映画「青春残酷物語」、宝塚出身の有馬稲子がコメディエンヌぶりを発揮した「鑑賞用男性」など全42本を上映する。

なお同館では4月30日から5月6日にかけて「シネ・ヌーヴォ名画発掘シリーズvol.2 女優・香川京子」と題された特集上映も行われ、香川京子が出演した「黒い画集 ある遭難」「赤い陣羽織」「奥様は大学生」「いらっしゃいませ」の4本がスクリーンにかけられる。

松竹120周年祭 女優王国松竹、そして松竹の監督たち

4月30日(土)~6月24日(金)大阪府 シネ・ヌーヴォ
<上映作品>
「白痴」
「麦秋」
「晩春」
「東京物語」
「秋刀魚の味」
「カルメン故郷に帰る」
「青春残酷物語」
「鑑賞用男性」
「夜の片鱗」ほか
料金:一般 1400円 / 大学・専門学生 1200円 / シニア 1100円 / 会員 1000円 / 高校生以下 800円 / 当日5回券 6000円 / シニア5回券 5000円 / 会員5回券 4500円
※19時以降の回は1000円均一

シネ・ヌーヴォ名画発掘シリーズvol.2 女優・香川京子

4月30日(土)~5月6日(金)大阪府 シネ・ヌーヴォ
<上映作品>
「黒い画集 ある遭難」
「赤い陣羽織」
「奥様は大学生」
「いらっしゃいませ」
料金:一般 1200円 / 学生、シニア 900円 / 会員 700円

映画ナタリーをフォロー