映画ナタリー

調布映画祭2016開催、山崎貴作品の小道具展示や「舟を編む」上映など無料で

237

「ジュブナイル」 (c)2000 Juvenile Project

「ジュブナイル」 (c)2000 Juvenile Project

「調布映画祭2016」が、東京の調布市文化会館たづくりと調布市グリーンホールにて3月9日から21日まで開催される。

「調布映画祭」は、日活調布撮影所や角川大映スタジオなど調布市内の会社が制作に携わった映画、市内でロケが行われた映画を無料で上映するほか、小道具や資料の展示を行うイベント。今回は「寄生獣」「永遠の0」で知られる山崎貴の作品に登場したミニチュアセットや小道具の特別展示「白組 山崎貴監督展」を21日まで行うほか、11日から13日までは山崎の監督作「ジュブナイル」、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した「舟を編む」、是枝裕和がメガホンを取った福山雅治主演作「そして父になる」などが上映される。なお「白組 山崎貴監督展」の来場者には、「ジュブナイル」に登場するロボット“テトラ”のデザイン画のポストカードをプレゼント。こちらはなくなり次第終了となる。

また、11日の「福島 生きものの記録 シリーズ1 ~被曝~」「祖谷物語 -おくのひと-」の上映前には、それぞれの作品で監督を務めた岩崎雅典蔦哲一朗が舞台挨拶に登壇。そのほか会期中はコンサートなども行われる。上映や展示の詳細は映画祭の公式サイトにて確認を。

調布映画祭2016

2016年3月9日(水)~21日(月・祝)東京都 調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール
料金:無料
<上映作品>
「ジュブナイル」
「愛しのフリーダ」
「チャプター27」
「横道世之介」
「大魔神」
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」
「福島 生きものの記録 シリーズ1 ~被曝~」
「祖谷物語 -おくのひと-」
「名犬ラッシー」
「マタギ」
「父の初七日」
「バチカンで逢いましょう」
「超高速!参勤交代」
「きみに読む物語」
「舟を編む」
「大統領の料理人」
「マダム・イン・ニューヨーク」
「GODZILLA ゴジラ」
「銀河鉄道の夜」
「プリンセス・トヨトミ」
「そして父になる」
「ビルマの竪琴」
「野菊の如き君なりき」
「力道山物語・怒涛の男」
「百萬両秘聞」(活弁・生演奏付)
「燃えよ剣」
「座頭市血煙り街道」

映画ナタリーをフォロー