映画ナタリー

SKE48・佐藤すみれ主演で「燐寸少女」が映画化、妄想を叶えるマッチ巡る物語

274

鈴木小波のコミック「燐寸少女」が、SKE48の佐藤すみれ主演で「燐寸少女 マッチショウジョ」として実写映画化される。

「燐寸少女」は、アンデルセン童話「マッチ売りの少女」をモチーフとする作品。人間の妄想を具現化する“妄想マッチ”を持つ少女リンと、彼女と出会った人々が繰り広げる不思議な物語を描く。映画では佐藤がロリータファッションに身を包みリンを演じるほか、アイドルグループBOYS AND MENのメンバーである小林豊と本田剛文、「ハリー・ポッター」シリーズの吹替や、アニメ「黒子のバスケ」の声優として知られる小野賢章が脇を固める。

佐藤は本作への出演について、「いつもと違った自分を見てもらえる大きなチャンス。自分とは違って感情が表に出ない分、表現するのは難しそうですが、リンの台詞が物語のキーワードになっていることが多いので一つ一つを大事にしていきたいです」と意気込みを見せている。

「燐寸少女 マッチショウジョ」は、2月6日よりクランクイン。5月28日より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国で公開される。

佐藤すみれ コメント

いつもと違った自分を見てもらえる大きなチャンス。自分とは違って感情が表に出ない分、表現するのは難しそうですが、リンの台詞が物語のキーワードになっていることが多いので一つ一つを大事にしていきたいです。衣装についても、想像通りの可愛い衣装を着せていただけて嬉しいです。ロリータについては元々詳しかったりモデルもやっていたので、自分から意見を言ったり、スタッフさん達と一緒に試行錯誤しながら決めていきました。細かいところまでこだわっているので、楽しみにしていてください。

小林豊 コメント

僕が演じる内藤勇実は、とても愛に溢れていて、それによってどんな運命が待ちかまえているのか……。勇実のただひたすらまっすぐな愛をみなさまに見ていただければと思います。

本田剛文 コメント

“妄想”という、誰もが口にせずとも頭をよぎるモノを、赤裸々に描き出す今作。人の欲の愚かしさや、哀れな一面が照らし出される様子を楽しんでいただければ幸いです。

小野賢章 コメント

岸田叶人役で参加させて頂くことになりました、小野賢章です。妄想を叶える燐寸を売る、という独特の世界観が映像でどう表現されていくのかとても楽しみです。撮影頑張ります!

映画ナタリーをフォロー