コミックナタリー

高橋しんがメロディ登場、6年ぶりの新作少女マンガ

107

本日2月28日に発売されたメロディ4月号(白泉社)より、高橋しん「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」が3号連続で掲載される。高橋が新作少女マンガを発表するのは、「トムソーヤ」以来約6年ぶり。

「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」は、東京近郊の小さな商店街の一角にある本屋が舞台。農村から嫁いできて1週間後に夫に先立たれた“奥さん”が、本を媒介として周囲の人と触れ合っていくハートフルストーリーだ。今号では70ページと大ボリュームで登場している。

このほか今号には、別冊「いただきます」が付属。山口美由紀、勝田文、藤原規代、麻生みこと、清水玲子、種村有菜、ひかわきょうこ、魔夜峰央、よしながふみが、食に関するエッセイやマンガを描き下ろした。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞