映画「聖☆おにいさん」イエスは森山未來、ブッダは星野源

 
mixiチェック

2012年10月16日 8:00 11692

イメージ

ブッダ役の星野源(写真左)とイエス役の森山未來(右)(C)中村 光・講談社/SYM 製作委員会

イメージ

ブッダ役を演じる星野源(左)と、イエス役を演じる森山未來(右)。(C)中村 光/講談社 (C)中村 光・講談社/SYM 製作委員会

イメージ

「聖☆おにいさん」のブッダとイエス。 (C)中村 光/講談社

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

中村光原作によるアニメ映画「聖☆おにいさん」のメインキャストが決定した。イエス役を演じるのは森山未來、ブッダ役を演じるのは星野源。2人ともアニメの声優を務めるのは今回が初めて。

何年か前に「聖☆おにいさん」を読んでいたという森山は、作品について「中に盛り込まれている宗教的な小ネタがどれもわかるだけにたまらなく、これは日本ならではの距離感だなと感じた」とコメント。また「この自分にとって新しい現場をブッダ演じる源ちゃんとのコンビネーションも含めてとにかく楽しめればいいなと思っています」と意気込みを語った。一方、星野も新刊が発売される度に購入するほどのファンだったといい、「二人が相手を思いやりながら生活している。ある意味、すごく人間的で普遍的な話」と作品の印象を述べている。

「聖☆おにいさん」は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごすブッダとイエスのコンビを描いたコメディで、モーニング・ツー(講談社)にて連載中。来春の映画公開に先駆け、12月3日に発売される単行本8巻には、アニメDVD付き特装版が用意される。

イエス役・森山未來コメント

源ちゃんとはまたどこかで仕事をしたいなぁと思っていたんですが、こういった巡り合せもなかなかに乙なもんだなと。小学生の頃、初めて読んだ伝記物は「キリスト」でした。中学生の頃、手塚治虫さんの「旧約聖書物語」や「ブッダ」に触れていました。「聖☆おにいさん」は何年か前に人からのすすめで単行本で読ませて頂いたんですが、中に盛り込まれている宗教的な小ネタがどれもわかるだけにたまらなく、これは日本ならではの距離感だなと感じた記憶があります。イエスを演じるどうこうというより、とにかくアニメーションに言葉を乗せるという行為自体が初めてなので、この自分にとって新しい現場をブッダ演じる源ちゃんとのコンビネーションも含めてとにかく楽しめればいいなと思っています。

ブッダ役・星野源コメント

元々アニメが大好きなので、お話をいただいた時は本当に嬉しかったです。高雄さんが演出された作品はリアルタイムで観ていましたし、「聖☆おにいさん」も新巻が出れば買っていました。違う価値観の二人が一緒に暮らしているのがすごく好きです。人間は皆ばらばらなのだ、と常々思っていたんですが、天界も同じだったのかと(笑)。でもその二人が相手を思いやりながら生活している。ある意味、すごく人間的で普遍的な話だなと思っていました。自分とお金に厳しく、シルクスクリーンが好きなブッダとして生きられるよう、頑張りたいと思います。収録が本当に楽しみです。

中村光「聖☆おにいさん(8)特装版」

[漫画] 2012/12/03発売 2480円 講談社 978-4063584202

Amazon.co.jpでチェック

中村光「聖☆おにいさん(8)通常版」

[漫画] 2012/12/03発売 590円 講談社 978-4063871685

Amazon.co.jpでチェック

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!