コミックナタリー

荒木責任編集ムック「JOJOmenon」表紙は承太郎&イギー

469

「ジョジョの奇妙な冒険」の連載25周年を記念した荒木飛呂彦責任編集のムック「JOJOmenon(ジョジョメノン)」が、10月5日に集英社より発売される。

「JOJOmenon」には、荒木の史上最長となるインタビューや、仕事場紹介、「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」のレポートなどを掲載。荒木と画家・山口晃や小説家・円城塔との対談、よしもとばななによる短編小説「ヘブンズ・ドアー」なども収められる。付録の「ジョジョ展」キービジュアルと「ジョジョ」擬音語をあしらったシールも、ファンにはうれしいおまけだ。

表紙に描かれたのは、赤富士を背負った第3部の主人公・空条承太郎とイギー。これは「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」のキービジュアルである青富士と対をなし、なおかつその後のシーンを荒木が描き下ろしたものだという。このイラストに込められたストーリーと描いた経緯は、「JOJOmenon」の巻頭特集で紹介される。

なお付録の「ジョジョの奇妙な冒険」の25周年記念ブック「25YEARS WITH JOJO」が話題となり品切れが相次いでいたウルトラジャンプ10月号は、緊急重版が決定した。重版分は、10月5日に店頭着の予定だ。

「JOJOmenon」概要

・荒木飛呂彦の"夢"を形にした描き下ろし表紙とその絵にまつわる巻頭特集
・史上最長インタビュー 荒木飛呂彦が語る「ジョジョの25年」
・画家とマンガ家、絵を語る。 対談:山口晃
・小説家とマンガ家、物語を語る。 対談:円城塔
・荒木飛呂彦 ニューヨークへ行く
・ジョジョが生まれるアトリエを訪ねて
・よしもとばななによる短編小説「ヘブンズ・ドアー」
・「モードなJOJO」ファッションストーリー
・ジョジョ句会、開きました。
・「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」リポート
・付録:ジョジョ展キービジュアル&ジョジョ擬音語シール
・伝説の短編をフルカラー再録「岸辺露伴 グッチへ行く」

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞