「デビルサバイバー」&「氷結鏡界」シリウスでマンガ化

 
mixiチェック

2012年5月27日 13:15 73

イメージ

「デビルサバイバー」カット (C)Index Corporation 2008.2011

イメージ

ゲーム「女神異聞録デビルサバイバー」シリーズのコミカライズ「デビルサバイバー」が、発売中の月刊少年シリウス7月号(講談社)にてスタートした。アトラス原作、ヤスダスズヒトキャラクター原案のもと、松葉サトルがマンガを手がける。

「デビルサバイバー」は携帯ゲーム機・COMPから飛び出した悪魔が人々を襲い始め、それにより封鎖された東京を舞台に少年らの戦いが繰り広げられるサバイバルアクション。第1話では主人公らが、通常とは仕様の異なる怪しげなCOMPを手にする様子が描かれた。この新連載を記念して、今号にはヤスダ版、松葉版のイラストがプリントされた両面ポスターが綴じ込まれている。

なお6月26日に発売される月刊少年シリウス8月号からは、細音啓のライトノベル「氷結鏡界のエデン」のコミカライズが始動。木村勇貴がマンガ化に挑む。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!