コミックナタリー

タイム涼介「アベックパンチ」映画化決定!新連載も始動

99

タイム涼介「アベックパンチ」の実写映画化が決定。6月より、シネマート六本木ほか全国で順次公開される。

監督・脚本は「オトシモノ」の古澤健が担当。キャストは、イサキ役に牧田哲也が、ヒラマサ役に鈴之助が、メバル役に水崎綾女が、エツ役に武田梨奈が名を連ねた。

「アベックパンチ」は、男女1組のペアを組み、パートナーと手を握り合った状態で一緒に闘う架空の格闘技「アベック」を描いたスポーツマンガ。月刊コミックビーム2007年2月号から2010年8月号(エンターブレイン)まで連載された。また「アベックパンチ 完結編(仮)」が、4月より全3巻で刊行される。旧版1、2巻の内容は、完結編1巻に収録されるとのこと。

なお本日3月12日に発売された月刊コミックビーム4月号では、タイム涼介の新連載「-I.C.U-」がスタート。霊能力者と科学者のコンビを描くサイキックホラーだ。

コミックナタリーをフォロー