「バトル・ロワイアル」完全新作が来年ヤンチャンで始動

 
mixiチェック

2010年12月21日 17:23 155

イメージ

高見広春原作、大西実生子作画による新連載「バトル・ロワイアル 天使たちの国境」カット。 (C)高見広春・大西実生子/ヤングチャンピオン

高見広春による小説「バトル・ロワイアル」の新作をコミカライズした「バトル・ロワイアル 天使たちの国境」が、2011年1月11日に発売されるヤングチャンピオン3号(秋田書店)より新連載としてスタートする。作画を手がけるのは「イゾラバ!」などを代表作に持つ大西実生子。

「バトル・ロワイアル」は、中学生たちが殺し合いを強いられる殺人ゲームを描いた小説で、2000年に映画化され社会問題にもなった問題作。「バトル・ロワイアル 天使たちの国境」は、高見が今回のコミカライズ用に書き下ろしたという完全新作だ。

なお田口雅之が2000年から2005年まで、ヤングチャンピオンにて連載した「バトル・ロワイアル」のコミカライズ作はコンビニ廉価版も刊行中。昨日12月20日に3巻・4巻が発売されたばかりなので、気になる読者は来年から始まる新作に向けてこれまでの「バトル・ロワイアル」を復習してみては。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!