コミックナタリー

深見真原作・コト作画「ライター×ライター」新人アニメ脚本家の苦悩描く新連載

146

「ライター×ライター」第1話の扉ページ。

「ライター×ライター」第1話の扉ページ。

深見真原作・コト作画による新連載「ライター×ライター」が、本日10月24日発売のまんがタイムきららフォワード12月号(芳文社)でスタートした。

「ライター×ライター」は新人アニメ脚本家として賞を獲り華々しくデビューするも、そのシナリオを書いた作品が大コケしてしまった少女・橋本カエデの奮闘を描くガールズコメディ。脚本家の仕事よりアルバイトのほうが忙しく、夢と現実のギャップに苦しむ彼女のもとに1本の電話がかかってきたことから物語は動き出す。

あらたまい「ほおばれ!草食女子」、プレジ和尚「放課後のアルケミスト」は今号にて完結。11月24日発売の2018年1月号では、ハノカゲによる新連載「コスモファミリア*」がスタートする。また海法紀光(ニトロプラス)原作・千葉サドル作画「がっこうぐらし!」の連載が、12月22日発売の2月号から再開することも告知された。

コミックナタリーをフォロー