コミックナタリー

三宅乱丈の長編SF「イムリ」が舞台化、企画立案はなるせゆうせい

160

三宅乱丈が月刊コミックビーム(KADOKAWA)で連載する「イムリ」の舞台化が決定した。

「イムリ」は他者の精神を侵犯する能力を使う種族・カーマと、惑星・ルーンの原住民イムリによる因縁を描いたSF作品。2006年に執筆が始まり、単行本は20巻まで発売されている。舞台の企画立案者は「舞台『弱虫ペダル』」の立ち上げにも携わったなるせゆうせい。上演は7月26日から31日にかけて、東京・俳優座劇場にて行われる。

舞台「イムリ」

期間:2017年7月26日(水)~7月31日 (月)
劇場:俳優座劇場

(c)三宅乱丈/KADOKAWA (c)株式会社オフィスインベーダー

コミックナタリーをフォロー