コミックナタリー

マンガ的驚きと笑いに満ちた「まかろにスイッチ」&ダイミダラー最終巻など

382

川田大智の初単行本「まかろにスイッチ」1巻が、本日9月15日にKADOKAWAより刊行された。

「まかろにスイッチ」は、すこしシュールな笑いを描いたショート作品集。メガネを外すとブスが美少女になるという古典的なネタを練り込んだ「メガ澤」シリーズをはじめ、同じエピソードを1コマずつズラして見せることで違った印象を持たせる「FINAL ROUND(1コマずれる)」など、マンガ的表現を利用したギャグが見どころだ。

また同作を含め、本日はハルタ(KADOKAWA)作品の単行本が計4冊発売。そのほかのタイトルはなかま亜咲「健全ロボ ダイミダラーOGS」の最終4巻、大武政夫「ヒナまつり」11巻、冨明仁「ストラヴァガンツァ-異彩の姫-」5巻がラインナップされている。

コミックナタリーをフォロー