コミックナタリー

はるな檸檬、映画「キャロル」の感想4コマを宝塚ネタ交え描き下ろし

859

はるな檸檬が、公開中の映画「キャロル」を題材にした4コママンガを描き下ろした。

「キャロル」はパトリシア・ハイスミスの小説をもとに、離婚訴訟中の裕福な女性キャロルと、ジャーナリストを志しながらデパートで働くテレーズ、女性同士の恋を描いた物語。キャロル役をケイト・ブランシェットが、テレーズ役をルーニー・マーラが演じた。

4コマでは映画のシーンを振り返り、我が子を奪われそうになるキャリーに同じ母親として共感するはるなの様子を描写。テレーズ役を演じるルーニーの前作からの変貌ぶりについては「メタモルフォーゼ」という言葉で表現した。宝塚元宙組トップスター・凰稀かなめによるディナーショーのタイトルでもあるこの言葉。ヅカヲタを描いた「ZUCCA×ZUCA」作者のはるならしい感想を綴った感想マンガとなった。

(c)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

コミックナタリーをフォロー