コミックナタリー

赤松健、電子書籍サイト刷新し51カ国語翻訳に対応!でんぱ組えいたそも応援

387

赤松健とでんぱ組.incの成瀬瑛美。

赤松健とでんぱ組.incの成瀬瑛美。

「ラブひな」などで知られる赤松健と株式会社GYAOによる新会社・Jコミックテラスが設立され、本日8月3日に都内にて記者会見が開催された。

Jコミックテラスは株式会社Jコミが運営する電子書籍サイト「絶版マンガ図書館」の事業を引き継ぎ、「マンガ図書館Z」と改称してリニューアル。赤松は「海賊版を撃滅したいという思いからJコミを始めたが、週刊連載をしているので手が回らない部分もある。大手の資本を入れて、事業を手伝っていただけないかという話をしたところ、GYAOさんが乗ってきてくれた」と新会社設立の経緯を説明した。

「マンガ図書館Z」は、「絶版マンガ図書館」と同じく出版社が取り扱わないマンガ作品を電子書籍化し、広告付きで無料配信する電子書籍サイト。本日よりサービス内容が刷新され、51カ国語への自動翻訳に対応した新型ビューワーを搭載した。会見の場で実際に自動翻訳機能を使った赤松は「51カ国語に対応できるなんて、作家にとってはすごいこと!夢です!」と大興奮。ビューワーに設置された翻訳ボタンを押すと、マンガのフキダシ内のセリフを認識してリアルタイムで翻訳するこの機能は、「マンガ図書館Z」の全作品に対応している。

また新サービスとして、作品の電子透かし入りPDF版のダウンロード販売も行われる。赤松は「電子書店が潰れて、買った電子書籍が読めなくなる事件が多すぎる」と憤り、「『マンガ図書館Z』の電子透かし入りのPDF版を購入すれば、自分のクラウドにあげることも、スマホに入れることもできる。ほかの電子書籍ストアでは閲覧権ですが、『マンガ図書館Z』では所有権なんです」と強調した。

さらに月額300円のプレミアム会員サービス特典を強化。広告の非表示、好きな作品のPDF版を毎月1冊ダウンロード、R18作品の閲覧などが可能になる。

続けて会場にはでんぱ組.incの成瀬瑛美が登場し、赤松とトークセッションを行った。赤松が「成瀬さんの“成瀬”は、『ラブひな』のヒロイン・成瀬川から取ったというのは本当ですか?」と尋ねると、成瀬は「そうなんです」と肯定。「芸名を考えるときに、成瀬川なるちゃんのようなアイドルになりたい!と思って。なるちゃんはアイドルではありませんが」と明かした。また「ワールドツアーもやっていて、いろんな場所に行くので、持ち運びしやすい電子書籍はすごく便利。人に薦めやすいし、日焼けで黄色くもならない。私の『ラブひな』(の単行本)は模写していたのでもうボロボロで」と電子書籍のメリットをアピール。

会見では赤松の事業に賛同する、里中満智子、植田まさし、八神健、佐藤マコトの応援メッセージも発表された。なお「マンガ図書館Z」では今秋より、未単行本作品のプリント・オン・デマンド販売サービスも開始する予定。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞