コミックナタリー

「蟲師」舞台化で中野裕斗ら声優陣出演、舞台原案は長濱博史監督

5190

詠舞台「蟲師」のイメージ。(c)漆原友紀/講談社・アニプレックス

詠舞台「蟲師」のイメージ。(c)漆原友紀/講談社・アニプレックス

漆原友紀「蟲師」を光と映像と音楽で構成する「詠舞台(よみぶたい)『蟲師』」が、2015年3月18日より東京の青山・スパイラルホールにて上演される。舞台原案は、アニメの監督を務める長濱博史が手がけた。

「詠舞台『蟲師』」では「蟲師」をライブで再現することを目的に、270度にわたって視界を覆うビデオマッピングやインターネット中継でのAR活用など、テクノロジーを駆使して新しい舞台表現に挑む。ギンコ役の中野裕斗、淡幽役の小林愛、そして土井美加ら、アニメの声優陣が出演。脚本はワムハウスの中村和明が担当する。

チケットの先行販売は12月21日0時30分にスタート。2015年1月17日には、チケットぴあにて一般発売が開始される。詳細は公式サイトにて確認を。

詠舞台「蟲師」

期間:2015年3月18日(水)~3月29日(日)
会場:スパイラルホール
出演:中野裕斗、小林愛、土井美加

脚本・中村和明コメント

「原作がすべての原点。原作が信じられないくらいおもしろいんだから、そのままでいい。」
漆原先生の描く『蟲師』の世界を、ただひたすら忠実に、アニメーションにした長濱監督。 今回の舞台も、想いはまったく同じです。
それは、昔話が語り継がれるように。
『蟲師』の物語を、音が奏で、光が紡ぎ、聲が綴り、幽玄なる「蟲師空間」を織り成す。 構想八年―漆原先生や長濱監督をはじめ『蟲師』に関り、創ってこられた方々の“想い”というバトンを受け取り、 「舞台」というリアルの場で表現したいと思います。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】