コミックナタリー

講談社漫画賞に昭和元禄落語心中、たいようのいえなど

973

第38回講談社漫画賞の受賞作が発表された。一般部門には雲田はるこ「昭和元禄落語心中」、少女部門にはタアモ「たいようのいえ」、少年部門には勝木光「ベイビーステップ」、児童部門には小西紀行「妖怪ウォッチ」がそれぞれ輝いた。

「昭和元禄落語心中」はITAN(講談社)にて連載中。刑務所に収監されていた主人公が名人の落語に魅了され、出所後に噺家を志すというストーリーだ。第17回文化庁メディア芸術祭では、マンガ部門の優秀賞に選ばれた。

「たいようのいえ」はデザート(講談社)で発表されているラブストーリー。家庭で疎外感を感じていた女子高生・真魚(まお)と、家族がいない青年・基(ひろ)との同居生活を描く。

「ベイビーステップ」は週刊少年マガジン(講談社)に掲載されている、テニスを題材としたスポーツマンガ。4月からTVアニメも放映中だ。また月刊コロコロコミック(小学館)にて連載されている「妖怪ウォッチ」は、レベルファイブによる同名ゲームのコミカライズ作品となっている。

選考委員は安童夕馬、小林深雪、藤沢とおる、藤島康介、前川たけし、松苗あけみ、三田紀房の7名が務めた。受賞者には賞状とブロンズ像、および賞金100万円が贈られる。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】