コミックナタリー

杉浦日向子「百日紅」を原恵一がアニメ映画化、来年公開

1312

杉浦日向子「百日紅」の長編アニメ映画化が決定した。監督を務めるのは、「河童のクゥと夏休み」「カラフル」などで知られる原恵一。

「百日紅」は江戸風俗研究家でもある杉浦の代表作。葛飾北斎とその娘・お栄を軸に、江戸に生きる町人たちの生活や交流を描いていく。原は原作について「現実と幻想、人の生死や日常、季節の移り変わりが、とてもリアリティある描写で描かれていて、画面も変化に富んだ作品が作れると感じました」とコメント。また映像化にあたり、「現実味のある『時代劇』にしたいと思うのと同時に、杉浦日向子さんという素晴らしい作家のことをもっと知ってもらえたら」と意気込んだ。

映画「百日紅」はプロダクションI.G制作のもと、2014年に完成、2015年に日本公開を目指し進行中。今年の6月9日から14日にかけて開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭には原が登壇し、製作発表が行われる予定だ。

原恵一コメント

杉浦日向子さんの作品の中でも、特に「百日紅」は現実と幻想、人の生死や日常、季節の移り変わりが、とてもリアリティある描写で描かれていて、画面も変化に富んだ作品が作れると感じました。本作を映像化するにあたって、現実味のある「時代劇」にしたいと思うのと同時に、杉浦日向子さんという素晴らしい作家のことをもっと知ってもらえたら嬉しいです。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】