コミックナタリー

荒木飛呂彦、メディア芸術祭大賞受賞で「身に余る光栄」

445

第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品の発表会が、去る12月5日に都内にて行われ、「ジョジョリオン」にてマンガ部門の大賞を受賞した荒木飛呂彦らが登壇した。

荒木は受賞の挨拶で「『ジョジョの奇妙な冒険』は26、7年描かせていただいていますが、個人的にいろいろあったなと思うところも多く、受賞できて本当に嬉しく思っています」とコメント。「これからも読者の皆さんに楽しんでいただけるよう努力したい」と今後の執筆への意気込みを語った。

審査委員を務めたみなもと太郎は、荒木について「頭脳戦を中心とした、非常に知的な作品を描かれる作家」と評価。またみなもとが「谷岡ヤスジの『オラオラオラ』を、劇画のド迫力の中に突っ込んで蘇らせてくれたことについて感謝したい」と賞賛の言葉を発すると、荒木が「本当に身に余る光栄です」と恐縮する一幕も。

また発表後に取材に応じた荒木は、世界中で人気を博している「ジョジョ」シリーズについて、「実感が沸かないのですが、翻訳などされ、いろいろな形で読んでいただけるのは非常に嬉しい」と述べた。

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の振興を目的とした祭典。このほかマンガ部門の優秀賞は、雲田はるこ「昭和元禄落語心中」、石黒正数「それでも町は廻っている」、山本周五郎原作による望月ミネタロウ「ちいさこべえ」、九井諒子「ひきだしにテラリウム」が受賞。また新人賞には今井哲也「アリスと蔵六」、原正人訳によるバスティアン・ヴィヴェス「塩素の味」、町田洋のWEBマンガ「夏休みの町」が輝いた。2014年2月5日からは、東京の国立新美術館を中心に受賞作品展が催される。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • スタッフ募>集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞