礼真琴&舞空瞳主演「王家に捧ぐ歌」、瀬央ゆりあ主演「ザ・ジェントル・ライアー」

269

宝塚歌劇星組「グランド・ロマンス『王家に捧ぐ歌』-オペラ『アイーダ』より-」が、来年2月8日から27日まで愛知・御園座、「ミュージカル・コメディ『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』」が、2月に兵庫・神奈川で上演される。

礼真琴(c)宝塚歌劇団

礼真琴(c)宝塚歌劇団

大きなサイズで見る(全3件)

舞空瞳(c)宝塚歌劇団

舞空瞳(c)宝塚歌劇団[拡大]

「王家に捧ぐ歌」は、ヴェルディのオペラ「アイーダ」を“宝塚バージョン”として、木村信司が脚本・演出を手がけたミュージカル作品。2003年に星組で初演、2015年に宙組で再演された本作が、今回は星組トップコンビの礼真琴舞空瞳の主演により披露される。劇中では、古代エジプトを舞台に、若き将軍ラダメスと、エジプト軍に捕らえられ奴隷となったエチオピアの王女アイーダの悲恋物語が展開。チケットの一般発売は、1月15日に開始される。

瀬央ゆりあ(c)宝塚歌劇団

瀬央ゆりあ(c)宝塚歌劇団[拡大]

瀬央ゆりあが主演を務める「ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~」は、オスカー・ワイルドの戯曲を原作に、田渕大輔が脚本・演出を担うコメディ作品。本作では、独身貴族の青年が、“理想の夫”とされる親友の窮地を救うべく奔走し、やがて真実の愛にたどり着く姿が、ユーモラスに描かれる。公演は、2月1日から13日まで兵庫・宝塚バウホール、19日から25日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場にて。チケットの一般販売は、兵庫公演分が1月8日、神奈川公演分が29日にスタート。

この記事の画像(全3件)

宝塚歌劇星組「グランド・ロマンス『王家に捧ぐ歌』-オペラ『アイーダ』より-」

2022年2月8日(火)~27日(日)
愛知県 御園座

脚本・演出:木村信司
出演:礼真琴舞空瞳

宝塚歌劇星組「ミュージカル・コメディ『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』」

2022年2月1日(火)~13日(日)
兵庫県 宝塚バウホール

2022年2月19日(土)~25日(金)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場

原作:オスカー・ワイルド
脚本・演出:田渕大輔
出演:瀬央ゆりあ

全文を表示

礼真琴のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 礼真琴 / 舞空瞳 / 瀬央ゆりあ / 田渕大輔 / 宝塚歌劇団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします