音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46、震災復興イベントで「もっと笑顔を届けたい」

163

乃木坂46が本日3月20日、千葉・幕張メッセで東日本大震災復興支援チャリティイベント「いま、私たちにできること 2013」を行った。

昨年に続いて開催されたこのイベントは、日中に同会場で行われた5thシングル「君の名は希望」の全国握手会で募金した人が参加することができるもの。会場が暗転するとオルゴールアレンジの「ぐるぐるカーテン」をBGMに、メンバーが1人ひとり入場してきた。まず橋本奈々未が「今、私たちにできること。その本当の答えは今もまだわかっていません」と話し始めると、その後も秋元真夏、白石麻衣らが震災復興に対する思いを吐露。ステージが演劇調に進行する中、生田絵梨花のピアノ伴奏に合わせて、まずは「失いたくないから」からライブをスタートさせた。体調不良で欠席の高山一実を除く32人で展開されたこの日のステージは、その後も「心の薬」「君の名は希望」を生田のピアノ伴奏で歌唱。観客は彼女たちの温かい歌声にじっくり聴き入り、1曲終わるごとに大きな拍手を送った。

3曲終えたところで、キャプテンの桜井玲香はファンに向けてイベントに来てくれたこと、そして募金をしてくれたことに対して感謝の言葉を述べた。そして震災から2年を経ても被災地復興が続いていることに触れつつ、「私たちにはそんなにすごいことはできないかもしれませんが、でも乃木坂46のメンバーである限り、私たちは皆さんに歌や笑顔で少しでも元気を出していただけたらと思います」と語った。

しんみりした空気が続いたイベント序盤だったが、桜井の「私たちの取り柄といったら、明るく元気で一生懸命なところだと思うんです。なので皆さん、ここからは全力で盛り上がっていきましょう!」という言葉に続いて「走れ!Bicycle」から通常通りのパフォーマンスを披露。会場の盛り上がりは一気に加速し、乃木坂46は続く「制服のマネキン」でパワフルな歌とダンスで観客を魅了した。そして最後に「おいでシャンプー」でハッピーな空間を作り上げ、イベントを終了させた。

全6曲を歌い終えたところでイベントは終わったと思われたが、橋本が桜井に「玲香さん、玲香さん、短くないですか?」と呼びかけ、これに続いてほかのメンバーからも「短い!」と不満の声が爆発。桜井は「私も短いと思ったんですよね(笑)」と言ってから、「ファンの皆さんは握手会が終わってから3時間も待っていてくれたんですよね。これはキャプテンの勝手な判断なんですけど……あと2曲くらいやりたい!」と口にしてファンを喜ばせた。桜井は会場にいるスタッフに向けて「スタッフさん、急なお願いですけど、大丈夫ですか?」と確認し、OKをもらってから「シャキイズム」、そして「君の名は希望」の2曲をパフォーマンスし約1時間にわたるチャリティイベントを終了させた。

ライブを終えると、生駒里奈は「私たちにできることは限られたことだけかもしれないですけど、私たちが全力で取り組んでいく姿を見て、皆さんが勇気を出したり元気になってもらえたら私たちはその分、もっともっと笑顔を届けたいとか一生懸命がんばりたいって思えるようになるはず」とコメント。そして最後に宮城県出身の大和里菜が「被災地のほうはまだまだ復興が進んでいない状況ですが、私たちの歌やダンス、パフォーマンスでみんなに笑顔を届けられたらいいなと思っています。これからも一生懸命がんばるので、応援よろしくお願いします!」と挨拶して、ステージを降りた。

乃木坂46「いま、私たちにできること 2013」セットリスト

01. 失いたくないから(生田絵梨花ピアノ伴奏)
02. 心の薬(生田絵梨花ピアノ伴奏)
03. 君の名は希望(生田絵梨花ピアノ伴奏)
04. 走れ!Bicycle
05. 制服のマネキン
06. おいでシャンプー
07. シャキイズム
08. 君の名は希望

音楽ナタリーをフォロー