東映最後の直営劇場・丸の内TOEIが2025年夏に閉館、60年超える歴史に幕

285

3483

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1923 1429
  • 131 シェア

東京・銀座に位置する映画館の丸の内TOEIが、2025年夏の興行をめどに閉館することが明らかに。本日5月15日、東映が発表した。

東映会館の外観。

東映会館の外観。

大きなサイズで見る

閉館は入居する東映会館の老朽化による再開発と本社の移転に伴うもの。跡地には2029年頃までにホテル・店舗などが入る商業施設を建設する。東映は「建物・設備の老朽化に伴い、継続使用した場合は多額の修繕費用および改修費用が見込まれるため、収益不動産として再開発を行い、最大限の有効活用をすることと決定いたしました」と説明している。

1960年の開館から60年以上にわたって東映の直営劇場として運営されてきた丸の内TOEI。同社の製作・配給作品を中心に上映され、舞台挨拶も頻繁に行われるなど、映画ファンに長年親しまれてきた。2022年12月の渋谷TOEIの閉館に続き、これで東映の名を冠した直営劇場が姿を消す形となる。

東映の興行事業は、引き続きグループ会社のティ・ジョイによるシネマコンプレックスで継続。なお本社の移転先は近隣の京橋エドグラン建物内となる。

この記事の画像(全1件)

読者の反応

NEWS @NEWS_0

東映最後の直営劇場・丸の内TOEIが2025年夏に閉館、60年超える歴史に幕 https://t.co/eS8FEoAG4Y

コメントを読む(285件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。