「坂の上の赤い屋根」桐谷健太、“俳優”橋本良亮の芝居を絶賛「釘付けになった」

6

707

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 225 465
  • 17 シェア

「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」の完成披露試写会が、本日2月27日に東京・東京国際フォーラムで開催。キャストの桐谷健太倉科カナ橋本良亮A.B.C-Z)、蓮佛美沙子、監督の村上正典が登壇した。

「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」完成披露試写会の様子。

「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」完成披露試写会の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

真梨幸子による同名小説をもとにした本作。新人作家・小椋沙奈が18年前の“女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画を、出版社である轟書房の編集者・橋本涼に持ち込んだことから始まるミステリーだ。桐谷が涼、倉科が沙奈を演じたほか、女子高生両親殺害事件の主犯格とされる死刑囚・大渕秀行に橋本、秀行と獄中結婚した法廷画家・礼子に蓮佛が扮した。

桐谷健太

桐谷健太[拡大]

全5話の本作を鑑賞した桐谷は「登場人物たちの黒い渦がどんどんぶつかり合っていく。それを気持ち悪いと感じる方、逆に心地いいと感じる方もいらっしゃると思います。俳優のみんなが心の闇の階段を下りていくような、ギリギリの状態を演じ切っていた。それが画面にあふれ出ていると思う。本当に最後まで観ていただきたい作品になっています」と自信をのぞかせる。

ファンに手を振る橋本良亮。

ファンに手を振る橋本良亮。[拡大]

役作りのために体重を約13kg減量し、全身全霊で死刑囚役に臨んだ橋本は「本当に大変でした。撮影の1カ月半前にマネージャーさんから『死刑囚役』『痩せてください』と言われ……。なんとか落とすことができました」と回想。自身の役については「プレッシャーはありましたね。サイコパスな感情を剥き出しにするし、一方でどこか優しさもあって。そういう芝居とずっと闘ってました」と明かす。桐谷は「橋本くんとのあるシーンについて、『すさまじかった』とスタッフの方々に言っていただけた。僕も完成したそのシーンを観たときに、本当に釘付けになりました。彼の演技には目が離せない力がある」と絶賛した。

倉科カナ

倉科カナ[拡大]

ある疑惑を掛けられるミステリアスな人物を演じた倉科は「思った以上にヘビーで、すごくエネルギーを使う役でした。新人作家として自分の実力を見せたい、誇示したいという沙奈の気持ちにはすごく共感しました」と述べる。桐谷のことは“お兄ちゃん”と呼び慕っており、今回の共演にはホッとした様子。桐谷は「初共演が兄妹の役だったんですよね。な、妹よ」と倉科にほほえんだ。

蓮佛美沙子

蓮佛美沙子[拡大]

左から倉科カナ、蓮佛美沙子。

左から倉科カナ、蓮佛美沙子。[拡大]

また「撮影はメンタルの部分で終始つらかった」と話す蓮佛は、クランクアップのシーンで報われたようで「“死ねばいいのに!”と言うシーンで終わるはずが、当日に撮影スケジュールが変わったんです。最後はまさかの橋本さんとのイチャイチャシーンに(笑)。それに救われました。イチャイチャと言っても、皆さん観たらわかりますが『え? これで?』くらいのものです」と述懐した。

「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」は、WOWOWで3月3日にスタート。毎週日曜22時から放送・配信となる。

この記事の画像(全11件)

読者の反応

  • 6

ジャニーズ出演情報 @13xIvlK6CP1hvqe

「 #坂の上の赤い屋根 」桐谷健太、“俳優” #橋本良亮 の芝居を絶賛「釘付けになった」 - 映画ナタリー

「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」の完成披露試写会を2/27に東京国際フォーラムで開催。
WOWOWで3/3に放送スタート。毎週日曜22時から。

https://t.co/FcAU9xLCDn

コメントを読む(6件)

リンク

関連商品

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 桐谷健太 / 倉科カナ / 橋本良亮 / A.B.C-Z / 蓮佛美沙子 / 村上正典 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。