「聖地X」岡田将生は“とっても優しいお兄ちゃん”、川口春奈が明かす

339

聖地X」の完成披露試写会が本日10月28日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの岡田将生川口春奈緒形直人、監督を務めた入江悠が登壇した。

「聖地X」完成披露試写会の様子。左から緒形直人、川口春奈、岡田将生、入江悠。

「聖地X」完成披露試写会の様子。左から緒形直人、川口春奈、岡田将生、入江悠。

大きなサイズで見る(全11件)

「聖地X」ポスタービジュアル

「聖地X」ポスタービジュアル[拡大]

本作は前川知大が主宰する劇団イキウメの同名舞台をオール韓国ロケで映画化したホラー。結婚生活に嫌気が差し、兄の住む韓国を訪ねた妹と、彼女の傷を癒そうとする兄が、呪われた土地で体験する不可解な現象を描く。岡田が兄の輝夫、川口が妹の要を演じたほか、韓国でオープン直前の和食店を経営する江口に緒形が扮した。

岡田将生

岡田将生[拡大]

韓国映画「犯罪都市」「悪人伝」などを手がけたB.A.エンタテインメントを共同制作に迎え、日韓のスタッフが合同で作り上げた本作。撮影は2019年、韓国の仁川を中心に行われた。韓国のスタッフとは現場のお茶飲み場で、通訳を介して談笑しながら距離を縮めたという岡田。「朝早くからすごく辛いカップラーメンを食べていて(笑)。僕は辛いの苦手なんですけど『食べてみるかー?』と言ってもらって。そういうところから、ちょっとずつコミュニケーションするのが日課になってましたね」と振り返る。

川口春奈

川口春奈[拡大]

緒形直人

緒形直人[拡大]

撮影は週休2日で、1日の撮影時間も決まっており余裕を持ったスケジューリングだったそう。川口も「みんなで朝ごはんを食べてから撮影に行ったり、お昼もしっかりと時間を設けて近くの食堂に行ったり、温かいケータリングを用意していただいたり。ごはんはコミュニケーションを取る大切な時間でした」と述懐。緒形は韓国のスタッフ・キャストの熱量に刺激を受けたことを明かしつつ「ロケバスがデカくて、はとバスぐらいある(笑)。ゆったりとできましたね」と続けた。

左から川口春奈、岡田将生。

左から川口春奈、岡田将生。[拡大]

入江悠

入江悠[拡大]

川口と初共演にして兄妹という間柄に扮した岡田は「嘘をつけない正直な方で、一緒に仕事をしていてすごく気持ちいい。こちらがダメダメなお兄ちゃんで叱られるシーンもあって、妹に姿勢を正される思いでした。頼っている部分もちょっとありましたね」と回想。撮影の合間に会話することも多かったそうで、川口は「私のくだらない話を聞いてくれる、とっても優しいお兄ちゃんでした」と笑みをこぼす。入江はクランクアップ間近に、川口が現場でずっとかわいがっていた犬に噛まれたことに触れ「そこから全然しゃべらず暗くなった。そのテンションの落ち方が妹っぽくて」と暴露。川口は「すごい痛かったですもん。急にガブッて来られて、なんだよ!と思って」と笑い混じりに振り返った。

「聖地X」は11月19日に劇場公開。同日10時よりauスマートパスプレミアム、TELASA(テラサ)で配信も行われる。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2021「聖地X」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 聖地X / 岡田将生 / 川口春奈 / 緒形直人 / 入江悠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。