ハビエル・バルデム×エル・ファニング共演作が来年公開、認知症の父とその娘描く

94

ハビエル・バルデムエル・ファニングの初共演作「The Roads Not Taken」が「選ばなかったみち」の邦題で2022年2月25日より、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

「選ばなかったみち」

「選ばなかったみち」

大きなサイズで見る

「耳に残るは君の歌声」のサリー・ポッターが、弟を介護した経験をもとに脚本を執筆し監督した本作。米・ニューヨークに住むメキシコ人移民の作家・レオは認知症を患い、娘のモリーやヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出すためアパートを訪れる。しかし娘が隣にいながらも、レオは初恋の女性と出会った故郷メキシコや、作家生活に行き詰まり1人旅をしたギリシャの景色を見るのだった。

「ノーカントリー」「DUNE/デューン 砂の惑星」のバルデムがレオを演じ、娘のモリー役で「マレフィセント」シリーズのファニングが出演。そのほかローラ・リニーサルマ・ハエックらがキャストに名を連ねた。

関連する特集・インタビュー

関連記事

ハビエル・バルデムのほかの記事

関連商品

(c)BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 選ばなかったみち / ハビエル・バルデム / エル・ファニング / サリー・ポッター / ローラ・リニー / サルマ・ハエック の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。