菅田将暉「CUBE」生みの親に「閉じ込めないでください」

880

CUBE 一度入ったら、最後」の初日舞台挨拶が本日10月22日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの菅田将暉岡田将生田代輝斎藤工、監督の清水康彦が登壇した。

「CUBE 一度入ったら、最後」初日舞台挨拶の様子。左から斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏、田代輝、清水康彦。

「CUBE 一度入ったら、最後」初日舞台挨拶の様子。左から斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏、田代輝、清水康彦。

大きなサイズで見る(全10件)

「CUBE 一度入ったら、最後」ビジュアル

「CUBE 一度入ったら、最後」ビジュアル[拡大]

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作「CUBE」をリメイクした本作は、謎の立方体“CUBE”に閉じ込められた6人の男女が繰り広げる密室エンタテインメント。菅田は客席を見渡し「お客さんが100%入っている劇場を久々に見ました。すごくうれしいです」と初日を迎えた喜びを語る。

左から菅田将暉、杏、田代輝。

左から菅田将暉、杏、田代輝。[拡大]

イベントではキャスト陣が鑑賞前の観客に向けて、映画の“プチ情報”を話す。菅田は1年前の撮影から田代の身長が10cm以上伸びたことに触れつつ「今はもうスラッとしてるんですけど、撮影のときはもっと子供だったのか、近い距離でお芝居するときに甘いミルクの香りがしました」と振り返る。杏はすかさず「赤ちゃん?」とツッコみ、田代は意外な事実に「本当ですか」と困り顔。さまざまな殺人トラップが6人を襲う本作だが、田代は「全年齢対象なので、ぜひご家族やお友達と観ていただけるとうれしいです」とお薦めし、杏も「怖そうに見えるけど全年齢対象なんだよね」とフォローする。斎藤は本作のCUBEがオリジナル版より少し大きいことに触れ「閉鎖的な空間ではあるんですけど、どこか開放感もある。より日本独特のものになってます」と明かした。

斎藤工

斎藤工[拡大]

左から斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏。

左から斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏。[拡大]

続いて斎藤は、吉田鋼太郎も含めたメインキャスト6人での共演を「撮影ではチームプレーが大事になってくるのは明白でした。序盤から、それぞれが自分の役割をわかって互いをリカバリーし合えた現場で、集団としてバランスのいい塊でしたね」と回想。菅田はCUBE内でのはしごなどの登り降りが肉体的にキツかったことを明かし「最初はリハーサルも素手でやってたんです。みんながしんどくなってきた頃に、工さんがグローブを買ってきてくれて。グローブがなかったら手に豆もできて血だらけになるところでした」と感謝を伝える。岡田も「俳優からは言いづらい環境下ではあったので、そんなときに工さんがすぐ持ってきてくれて。かっこよかった」と重ねた。

アメリカから中継で舞台挨拶に参加したヴィンチェンゾ・ナタリ。

アメリカから中継で舞台挨拶に参加したヴィンチェンゾ・ナタリ。[拡大]

イベントではアメリカのノースカロライナ州で撮影中というナタリと中継でつながる場面も。「CUBE」の生みの親であるナタリに菅田が「閉じ込めないでください」と茶目っ気たっぷりに求めると、ナタリは「遅いよ! もう皆さんCUBEの中ですから」と笑う。さらにナタリは「清水監督は本当に素晴らしい映画を作った。オリジナルとは違う、パーソナルな作品。日本の文化も踏襲した特別な映画になっていると思う」と絶賛。一番印象に残っている場面はネタバレになるため言及を避けたが「最初の30秒間、かなり楽しめると思います。素晴らしいオープニング」と続ける。日本の映画や文化に造詣が深いナタリだが、オリジナル版の制作時には、いくつか種類のあるCUBEのうち、小津安二郎にちなんで「小津CUBE」と呼んでいたセットもあったそう。岡田が日本の映画で影響を受けたものを尋ねると、黒澤明と今敏の名前も挙げた。

左から菅田将暉、杏。

左から菅田将暉、杏。[拡大]

最後に菅田が「撮影は1年前のコロナ禍のど真ん中の時期で、人にも撮影でしか会わなかった。そんな中、撮影に行ってもCUBEに閉じ込められて追い詰められる本当によくわからない日々(笑)。そこから1本の作品が生まれ、こうして公開できることが本当にうれしい。ぜひ楽しんでください」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2021「CUBE」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 CUBE 一度入ったら、最後 / 菅田将暉 / / 岡田将生 / 田代輝 / 斎藤工 / 清水康彦 / ヴィンチェンゾ・ナタリ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。