細微な感情をめいっぱい詰め込んだ、今泉力哉が語る新作「かそけきサンカヨウ」

1

87

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 21 65
  • 1 シェア

かそけきサンカヨウ」の監督を務めた今泉力哉のインタビューコメントが到着した。

「かそけきサンカヨウ」

「かそけきサンカヨウ」

大きなサイズで見る(全11件)

窪美澄の短編小説をもとにした本作は、家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・国木田陽の葛藤と成長を描く物語。志田彩良が陽、井浦新が陽を優しく見守る父親・直に扮し、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、菊池亜希子、梅沢昌代、西田尚美、石田ひかりが共演に名を連ねた。

今泉力哉

今泉力哉[拡大]

原作が収められた短編集「水やりはいつも深夜だけど」の魅力について、今泉は「人によってはとらわれてしまうような“家族”を、みんな絶対的にいいものとして言葉にすることに前々から疑問を持っていて。でもこの短編集では“ゆがみのある家族”が描かれていた。その点に惹かれました」と語る。中でも幼い頃に母親が家を出て以来、父と二人暮らしをしてきた陽を主人公とした1編「かそけきサンカヨウ」に引き付けられたという。「母との関係も、普通ならもっと憎しみの率を高くして書きそうなところを、陽は画家である母に対してある種の憧れを持っていたりする。“普通はここに葛藤を作る”というところ以外にさまざまなため込みがあり、しかもその描き方が丁寧。作り物ではない本当の悩みって感じがしたんです」と原作の感想を伝えた。

映画には陽と直の10分弱の長回しシーンがある。本番前に直のセリフを足す案もあったが、改めて井浦と志田が話し合い、セリフは足さず撮影することに。今泉は「こういうことが現場で起こると、作り物ですが、どんどん本物に近付くと思えるんです。もちろんフィクションはある種の嘘で面白くなることもあるとわかっています。でも、やっぱり好みなんでしょうね。自分は嘘の許容範囲がすごく狭い。物語のためにキャラクターが存在したり動いたりするのは、自分が映画を作るときはできるだけなくそうと思っているんです」と述べた。そして「言葉にするなら“ある家族の再生の物語”とかなのかもしれませんが、言葉では説明できない細微な感情をめいっぱい詰め込んで映画にしました」と本作をアピールした。

「かそけきサンカヨウ」は10月15日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全11件)

(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

細微な感情をめいっぱい詰め込んだ、今泉力哉が語る新作「かそけきサンカヨウ」
https://t.co/uWjZuPyCvW

#かそけきサンカヨウ #今泉力哉 https://t.co/gID0L7uhi9

コメントを読む(1件)

関連記事

志田彩良のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 かそけきサンカヨウ / 志田彩良 / 井浦新 / 今泉力哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。