アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの“ノスタルジックコメディ”が撮影終了

21

「レヴェナント:蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが新作「Bardo (or False Chronicle of a Handful of Truths)(原題)」の撮影を終えたことをIndieWireなどが報じた。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(写真提供:Sthanlee Mirador / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(写真提供:Sthanlee Mirador / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

当初「Limbo」と呼ばれていた“ノスタルジックコメディ”「Bardo」の主人公は、高名なジャーナリストでありドキュメンタリー映画監督のメキシコ人男性。劇中では、祖国に戻った主人公が自身のアイデンティティや愚かさ、メキシコの現実などに直面していくさまが描かれる。

「サマ」のダニエル・ヒメネス・カチョや、グリゼルダ・シシリアニが出演。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のニコラス・ジャコボーンとイニャリトゥが脚本を手がけ、「セブン」「愛、アムール」などで知られるダリウス・コンジが撮影を担当した。

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ / ダニエル・ヒメネス・カチョ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。