咲妃みゆ「アイの歌声を聴かせて」で月夜に舞うプリンセス演じる

358

「サカサマのパテマ」の吉浦康裕が手がけたオリジナルアニメーション映画「アイの歌声を聴かせて」。本作における咲妃みゆの役柄が発表された。

咲妃みゆ

咲妃みゆ

大きなサイズで見る(全19件)

本作はことあるごとにミュージカル調で歌い出す変わり者の転校生シオン、クラスで孤立している真面目な少女サトミ、そしてクラスメイトたちの関係を切り取った物語。明るい人柄で人気者になるシオンに土屋太鳳、サトミに福原遥、サトミの幼なじみ・トウマに工藤阿須加が息を吹き込んだ。

劇中アニメ「ムーンプリンセス」のムーン。

劇中アニメ「ムーンプリンセス」のムーン。[拡大]

元宝塚歌劇団の雪組トップ娘として知られる咲妃は、これが初のアニメーション作品への出演となる。劇中アニメ「ムーンプリンセス」の月夜に舞うプリンセス、ムーン役を務め、劇中歌「フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~」を披露する咲妃は「自分とは全く違うビジュアルをしたキャラクターだけど聞こえてくる声は私だ…!と不思議な感覚になりドキドキしました。新参者丸出しの感想ですね(笑)。いつか台詞も発してみたいという新たな夢が生まれました!」とコメントした。

「アイの歌声を聴かせて」は10月29日より全国でロードショー。共同脚本として「コードギアス」シリーズの大河内一楼も名を連ねた。

咲妃みゆ コメント

オファーが来たときの率直な感想

まさかアニメーション作品に携わらせていただける日が来るなんて…と大変嬉しかったです。絵コンテを初めて直に拝見しまして、アニメはこんな風に形作られていくんだ~、と丁寧で綿密な制作工程に感動しました。

「フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~」のメロディや歌詞への感想

冒頭は優しく包み込んでくれる子守唄の様に感じますが、そこからどんどん壮大に展開していくのでワクワクしました。歌詞も温かみに溢れていて素敵だと思います。

「フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~」、劇中アニメ「ムーンプリンセス」を担当するにあたって、どのように感じたか

歳を重ねても無条件に好きな物事、自然と惹かれる物事って、実は幼少期の経験が軸になっている気がするなぁと私は感じることがあります。サトミを励まし後押しできるよう、長い間寄り添い続ける気持ちを歌声に乗せて届けたいと思いました。

監督からはどのようなディレクションがあったか

「キラキラしたファンタジーの世界観は意識しつつも夢夢しくなり過ぎるのではなく、目の前にいる大切な誰かに“実(じつ)”を持って語りかけるイメージで」とアドバイスをいただきました。

アニメーション作品に参加してみて

自分とは全く違うビジュアルをしたキャラクターだけど聞こえてくる声は私だ…!と不思議な感覚になりドキドキしました。新参者丸出しの感想ですね(笑)。いつか台詞も発してみたいという新たな夢が生まれました!

メッセージ

あの子もあの子も…それぞれに悩みを抱えていて、応援せずにはいられません! 恋の行方・友情の行方にも是非ご注目ください。この世の中において“繋がるとは? 思いやるとは?”など悶々と考える時間が増えました。大きな荒波を乗り越えようと世界中が奮闘している今こそ、この作品のメッセージが心に深く染み渡る気が致します。

この記事の画像(全19件)

関連記事

咲妃みゆのほかの記事

リンク

(c)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アイの歌声を聴かせて / 咲妃みゆ / 土屋太鳳 / 福原遥 / 工藤阿須加 / 吉浦康裕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。