瀧内公美主演「由宇子の天秤」をジャ・ジャンクーや行定勲が絶賛、予告編も公開

3

208

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 34 100
  • 74 シェア

瀧内公美が主演を務めた「由宇子の天秤」の予告編がYouTubeで公開された。

「由宇子の天秤」

「由宇子の天秤」

大きなサイズで見る(全9件)

「由宇子の天秤」ポスタービジュアル

「由宇子の天秤」ポスタービジュアル[拡大]

ドキュメンタリー番組のディレクターとして「女子高生いじめ自殺事件」を取材する女性・由宇子が究極の選択を迫られるさまを描いた本作。これまで釜山国際映画祭、東京フィルメックス、ベルリン国際映画祭、台北映画祭、上海国際映画祭などに出品されている。瀧内が由宇子、光石研が由宇子の父・政志を演じたほか、河合優実梅田誠弘らが出演。「かぞくへ」の春本雄二郎が監督、脚本、編集を担当し、「この世界の片隅に」で知られるアニメーション監督の片渕須直がプロデューサーとして参加した。

予告編にはテレビ局の方針と対立を繰り返しながらも、事件の真相に迫る由宇子の姿が。一方で、父の経営する学習塾を手伝う由宇子はドキュメンタリーディレクターの顔とは打って変わり、生徒に柔和な表情を見せる。そこで由宇子は萌(めい)という高校生と出会うが、「そして、すべてを狂わす」という不穏なテロップが挟まれたのち、父が起こした衝撃の事実や、萌の抱える秘密が浮き彫りになっていく。

このたび本作を鑑賞した著名人からコメントが到着。中国の映画監督ジャ・ジャンクーからは「春本監督の映し出す世界は、全てが静かで穏やかである。しかしそこにはある種の魔法の力が存在し、我々は無意識のうちに、主人公の内なる世界の奥深くへと導かれ、衝撃を受ける。そこで我々がバランスを保つことは困難だろう─」と感想が寄せられた。そのほか行定勲池松壮亮瀬々敬久、フォトジャーナリストの安田菜津紀によるコメントも届いている。

「由宇子の天秤」は9月17日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。

ジャ・ジャンクー(映画監督)コメント

「由宇子の天秤」は、第4回平遥国際映画祭において、多くの人々を驚かせ、観客賞を獲得した。
春本監督の映し出す世界は、全てが静かで穏やかである。
しかしそこにはある種の魔法の力が存在し、我々は無意識のうちに、
主人公の内なる世界の奥深くへと導かれ、衝撃を受ける。
そこで我々がバランスを保つことは困難だろう─。

行定勲(映画監督)コメント

ここ数年の中で、最もくらった日本映画だ。
正義とは、社会においての矛盾を解き明かすことか?
自分の大切なものを守りぬくことか?
自分の在り方を考えさせられ、後に尾を引く。

池松壮亮(俳優)コメント

無知や無関心を煽る社会システムと、暴徒化する知性と正義感との間に、
由宇子の心の天秤はゆれている。
倫理や道徳に揺さぶられながら、バランスを保とうと必死にゆれている。
細部まで心と魂のこもった
極めて非凡な作品に出会った。

安田菜津紀(NPO法人Dialogue for People副代表 / フォトジャーナリスト)コメント

「伝える」仕事に携わる自らを、深く省みずにはいられなかった。
自浄作用を失ったメディアには、最初から天秤の「軸」などないのかもしれない。
人の人生を「素材」として翻弄し、後は背を向けるだけならば。

瀬々敬久(映画監督)コメント

国家や社会がどうしようもない状況だと感じる毎日、実はそれを生み出しているのは私たち自身ではないのか。
そして、それを変えられるのも私たち自身なんじゃないのか。この映画に告げられた気がする。
俳優たちの存在が素晴らしい。それを導き、ともに斬りこんだスタッフの静かな熱量。頭がさがった。

この記事の画像・動画(全9件)

(c)2020 映画工房春組

読者の反応

  • 3

おおとも ひさし @tekuriha

瀧内公美主演「由宇子の天秤」をジャ・ジャンクーや行定勲が絶賛、予告編も公開 - https://t.co/YYLtxpB9W6

コメントを読む(3件)

関連記事

瀧内公美のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 由宇子の天秤 / 瀧内公美 / 光石研 / 河合優実 / 梅田誠弘 / 春本雄二郎 / 片渕須直 / ジャ・ジャンクー / 行定勲 / 池松壮亮 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。