敵か味方か!?観月ありさが「劇場版 ルパンの娘」でもう1人のLの一族に

82

深田恭子が主演を務める「劇場版 ルパンの娘」に観月ありさが出演することがわかった。

観月ありさ演じる三雲玲。

観月ありさ演じる三雲玲。

大きなサイズで見る(全6件)

「劇場版 ルパンの娘」ティザービジュアル

「劇場版 ルパンの娘」ティザービジュアル[拡大]

2019年から放送されたドラマシリーズの続編となる本作。“Lの一族”として名を馳せる泥棒一家の娘・三雲華を深田、警察一家の息子・桜庭和馬を瀬戸康史が演じ、劇場版では海外を舞台に王家の秘宝とLの一族の秘密にまつわる騒動が描かれる。

観月が演じるのは、Lの一族の中でも天才的な泥棒センスを持った三雲玲。一族を離れ普通の生活を送っていたはずが、ある事件をきっかけに姿を消したという謎多き役どころだ。観月は「まさか自分が泥棒スーツを着ることになるとは思いも寄らず、全身ピチピチなので緊張感と若干の恥ずかしさがありました」とオファー時を振り返り、「敵なのか味方なのかわからない、物語をかき回すキーパーソンです。スタント無しで挑んだアクションシーンにも注目して楽しんでいただければと思います」とアピールした。また、現在休養中の深田に向けては「深田さんの休養のお知らせを受けて、とても心配ですが、今はどうかゆっくり休んでもらいたいなと思います」とメッセージを送っている。

横関大の同名小説を原作に武内英樹が監督を務めた「劇場版 ルパンの娘」は10月15日より全国ロードショー。

観月ありさ コメント

シーズン1・2と大変人気のある作品で、私自身も一視聴者として観ており、笑いあり、ミュージカルありの自由に表現される世界観がとても楽しいドラマだなと思っていたので、参加できてとても嬉しかったです。まさか自分が泥棒スーツを着ることになるとは思いも寄らず、全身ピチピチなので緊張感と若干の恥ずかしさがありました。武内監督とはおよそ20年ぶりにご一緒し、色々なパターンの芝居をみせながら阿吽の呼吸で撮影が進み、安心して芝居に臨むことができました。私が演じた“もう一人のLの一族”である三雲玲は(華たちの)敵なのか味方なのかわからない、物語をかき回すキーパーソンです。スタント無しで挑んだアクションシーンにも注目して楽しんでいただければと思います。

深田恭子へのお見舞い

深田さんの休養のお知らせを受けて、とても心配ですが、今はどうかゆっくり休んでもらいたいなと思います。
深田さんと共に作り上げた、「劇場版 ルパンの娘」がお客様のもとに届く日を楽しみにしています。

稲葉直人(プロデューサー)コメント

今回の三雲玲という役は、物語のカギを握る重要な役というだけでなく、陰と陽の二つの顔を演じ分けながら、「圧倒的な存在」として映画の世界を生きてもらわなければなりませんでした。さらに20代から60代までを演じなければならず、泥棒スーツなどの特殊な衣装やアクションもあり、かなり大変な役どころ。これらすべてを満たしてくれる女優さんはそうそういません。キャスティングは難航を極めるはずでした。ところが今回ばかりは極めて運命的に決まったのです。キャスティング打合せの休憩中のときのこと。「この役は観月さんに演じてもらえたらな。でも断られるかな……」そう思いながらスタジオの廊下を歩いていると、目の前にご本人が現れたのです! 別のドラマの撮影でいらしていたのですが、「これはもう運命だ!」と勝手に盛り上がってしまいました。しかも「また一緒に仕事できたらいいですね」とおっしゃっていただけるではありませんか。その言葉にすぐに飛びついたことは言うまでもありません。
撮影現場での観月さんは、苦しそうな表情をされることも一切なく、常に楽しそうにされていて、やはり器の大きさが違うなと思いました。まさに三雲玲という役にふさわしく、本当に観月さんでよかったなと映画の完成が近づいた今、改めて実感しています。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

深田恭子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)横関大/講談社 (c)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 ルパンの娘 / 深田恭子 / 観月ありさ / 武内英樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。