大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がクランクイン、小栗旬「楽しみたい」

281

2022年放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が本日6月9日にクランクインした。

「鎌倉殿の13人」より、小栗旬演じる北条義時。

「鎌倉殿の13人」より、小栗旬演じる北条義時。

大きなサイズで見る(全3件)

三谷幸喜が脚本を手がける本作は、源平合戦やその後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座をめぐって繰り広げられる男女の駆け引きを描く物語。源頼朝にすべてを学び武士の世を盤石にした男・北条義時を小栗旬が演じる。

「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」[拡大]

「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」[拡大]

本日撮影されたのは、若き義時が、京での任務を終え北条の郷に帰った父・時政とともに、三浦義澄・義村の挨拶を受けるシーンなど。小栗は「前日までは『とうとう始まってしまうな』とか『始まったら後戻りできないな』という思いがありましたが、いざ現場に来てみたらすんなりと始まれたな、というのが正直なところです」と吐露し、「大河ドラマでもなければ、これほどのキャスティングの中に入れることもないですし、次から次へと”つわもの”が現れてきますので、それを僕自身も楽しみたいと思います」と語った。

小栗旬 コメント

前日までは「とうとう始まってしまうな」とか「始まったら後戻りできないな」という思いがありましたが、いざ現場に来てみたらすんなりと始まれたな、というのが正直なところです。

義時は目立つキャラクターではなく、周りに目立つ人がたくさんいますので「このドラマ、誰が主役なんだっけ?」という形で進んでいきたい、と演出陣とも話しています。ですから、主役だからと気負うことなく“なんとなく”現場にいるという感じを大事にしています。徐々に浸透していって、あるときから義時が舵を切る瞬間にやっと「あ、この人が主役だったんだ」となれればと思っています。

「源氏とか平家とか、そういう人たちに気を遣いながら生きていきたくないんだ」という世の中を目指す義時の気持ちを、ブレずに持って演じていきます。大河ドラマでもなければ、これほどのキャスティングの中に入れることもないですし、次から次へと“つわもの”が現れてきますので、それを僕自身も楽しみたいと思います。

この記事の画像(全3件)

関連記事

小栗旬のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小栗旬 / 三谷幸喜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。