「戦メリ」明日から都内2館で上映再開、病気療養中の坂本龍一も「よかった!」

789

大島渚監督作「戦場のメリークリスマス 4K修復版」が明日5月12日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館で上映再開。キャストで病気療養中の音楽家・坂本龍一から喜びのコメントが到着した。

「戦場のメリークリスマス 4K修復版」ポスタービジュアル

「戦場のメリークリスマス 4K修復版」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全23件)

本作は第2次世界大戦下の捕虜収容所で生きる日本人将校とイギリス人捕虜の複雑な関係を描いた戦争映画。4月16日に全国9館で封切られると初週末で動員5273人、興行収入729万3500円という好スタートを記録し、終映後の拍手やパンフレットやグッズを求める長蛇の列が発生する盛り上がりを見せていた。

「戦場のメリークリスマス 4K修復版」より、坂本龍一演じる陸軍大尉ヨノイ。

「戦場のメリークリスマス 4K修復版」より、坂本龍一演じる陸軍大尉ヨノイ。[拡大]

新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府からの緊急事態宣言を受け、都内の上映劇場では休映を余儀なくされた同作。映画館は対象外となっているものの5月12日以降の休業要請の緩和を受け、ヒューマントラストシネマ有楽町と新宿武蔵野館は営業再開を決めていた。直腸がんの手術を受け、現在は活動再開に向けて療養に専念している坂本は「中断されていたのが、再び劇場で見られるようになってよかった!」と喜びのメッセージを寄せている。また4月30日の公開を延期していた「愛のコリーダ 修復版」も封切られる。

映画のヒットを受け「戦場のメリークリスマス」「御法度」で大島と組んだ映画プロデューサーのジェレミー・トーマスは「大島と一緒に映画を作ってから何年もの間、この映画は成長していき、私がもっとも好きなタイトルの1つであり続けています。 私は大島との経験を大切にしています。この映画が彼の遺産の一部として今日も関連性を保っていることを誇りに思います」とコメントした。

「戦場のメリークリスマス 4K修復版」「愛のコリーダ 修復版」は全国で順次公開中。

※大島渚の渚は旧字体が正式表記
※「愛のコリーダ 修復版」はR18+指定作品

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

坂本龍一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)大島渚プロダクション

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 戦場のメリークリスマス 4K修復版 / 愛のコリーダ 修復版 / 坂本龍一 / 大島渚 / ジェレミー・トーマス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。