興行場や飲食店のクラウドファンディング手数料が無料に、MotionGalleryで受付再開

124

国内最大級のクラウドファンディングプラットフォームを運営するMotionGalleryが、日本全国の興行場・飲食店・宿泊施設などを対象にサービス手数料を無料にする「AIDファンディング・プログラム」の受付を再開した。

MotionGallery「AIDファンディング・プログラム」告知ビジュアル

MotionGallery「AIDファンディング・プログラム」告知ビジュアル

大きなサイズで見る

2020年2月からいち早く新型コロナウイルスへの対策プログラムを導入し、 手数料をゼロにすることで数多くの活動をサポートをしてきたMotionGallery。日本のクラウドファンディング史上最高額の3.3億円を記録したミニシアター・エイド基金をはじめ、集まった金額は1年間で20億円にも上る。

「AIDファンディング・プログラム」は2021年3月末まで実施していたが、このたびの東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象とした第3次緊急事態宣言の影響をふまえ再開。本プログラムが適用されたプロジェクトは、目標金額の到達のいかんを問わず、集まった資金を受け取ることができるAll-in方式となる。通常のサービス手数料5%が0%の無料となり、決済手数料の5%のみで実施可能だ。

キャンペーン対象の詳細はMotionGalleryの公式サイトで確認を。「AIDファンディング・プログラム」の受付は5月31日まで。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。