映画「コナン」高山みなみが“キュン”した場面とは?池田秀一は安室透人気に焦る

3109

名探偵コナン 緋色の弾丸」の公開記念舞台挨拶が本日4月17日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの高山みなみ山崎和佳奈小山力也池田秀一浜辺美波が登壇した。

「名探偵コナン 緋色の弾丸」公開記念舞台挨拶の様子。左から小山力也、池田秀一、浜辺美波、江戸川コナン、高山みなみ、山崎和佳奈。

「名探偵コナン 緋色の弾丸」公開記念舞台挨拶の様子。左から小山力也、池田秀一、浜辺美波、江戸川コナン、高山みなみ、山崎和佳奈。

大きなサイズで見る(全15件)

劇場版24作目となる本作では、4年に一度開催されるスポーツの祭典を控えた東京で、名だたる大会スポンサーたちが誘拐される大事件が描かれる。高山が江戸川コナン、山崎が毛利蘭を演じ、蘭の父・小五郎に小山、赤井秀一に池田、物語の重要なキーワードとなる“真空超電導リニア”の客席担当・石岡エリーに浜辺が声を当てた。

高山みなみ

高山みなみ[拡大]

山崎和佳奈

山崎和佳奈[拡大]

新型コロナウイルスの影響により、1年の延期を経て公開された本作。高山は「スタッフ、キャストの思い、待ってくださっているファンの方の思いが日に日に大きくなっていくのがわかったんです。早くどこかで見せてあげなきゃという気持ちでいたので、完成披露試写会のときは涙ぐんでしまいました」と打ち明ける。山崎は「毎年毎年舞台挨拶に伺って、そこで唯一皆さんのうれしそうな顔をガン見できていたんです。勇気やパワーをもらっていました。去年はパタッとできなかったので、今年はこういう形で舞台挨拶ができてよかったです」とうれしそうに会場を見渡した。

浜辺美波

浜辺美波[拡大]

本シリーズに出演できるなら、鳥や豚の役、擬音での参加でもいいと言っていた浜辺は「私自身、いつも春が来るのが楽しみだったんです。1年待って、皆さんの熱量と愛が深く沁みています」と真摯に語り、高山から「今度は同級生役とかどうですか?」と声を掛けられると、「無理ですよ! 緊張しちゃうんで!」と声を上げ、会場を和ませる。

池田秀一

池田秀一[拡大]

池田は「赤井秀一が初登場してから20年経つらしいんです。ずっと出ずっぱりというわけじゃなかったので、やっとこの4、5年でキャラクターが手の内に入ってきた気がします」と明かし、「いつもかっこいい場面を作っていただいて、恐縮しています」と口にする。司会から「女性人気がかなり高いですよね」と意見が飛ぶと、池田は「ライバルというか、安室(透)が人気で焦っている感じもありましたが(笑)。なんとかがんばってきました」とはにかんだ。

小山力也

小山力也[拡大]

江戸川コナン(左)と手をつなぎ退場する高山みなみ(右)。

江戸川コナン(左)と手をつなぎ退場する高山みなみ(右)。[拡大]

イベント中盤には本作の見どころをキャストが語り合う場面も。高山はネタバレを気にしつつ「リニアと新幹線が並走するシーン。なんたる動体視力! “キュン”みたいな。あそこが一番好き」とコメント。続く小山が「コナンくんが行くところ行くところに大事件が起こり……」と話し始めると、高山はすかさず「ちょっと待てー! 言い方! おじさんも一緒にいるじゃん(笑)」とツッコミを入れ、笑いを誘う。山崎は「後半になるに連れて、スリルとアクションがすごくなっていきます!」と、池田は「変身するシーンが好きですね」と述懐。浜辺は「直接ではないですがコナンくんと赤井ファミリーが力を合わせる場面は、ある種の“ムズキュン”でした。どのファンも震えているんじゃないかと思います」と笑みをこぼす。そして、最後はファンのメッセージが書かれたボードがお目見え。高山は「全部読みたい!」と1つひとつに目を通し喜んでいた。

永岡智佳が監督、櫻井武晴が脚本を担当した「名探偵コナン 緋色の弾丸」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

高山みなみのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 名探偵コナン 緋色の弾丸 / 高山みなみ / 山崎和佳奈 / 小山力也 / 池田秀一 / 浜辺美波 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。