仮面ライダー生誕50周年で新作続々発表、東映・白倉伸一郎「全人類に放つ」

145

石ノ森章太郎原作の「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見が、本日4月3日に東京・丸の内TOEIで行われ、東映代表取締役社長の手塚治らが出席した。

「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見に登壇した白倉伸一郎。

「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見に登壇した白倉伸一郎。

大きなサイズで見る(全16件)

東映代表取締役社長・手塚治。

東映代表取締役社長・手塚治。[拡大]

1971年4月3日19時30分に放送がスタートした「仮面ライダー」シリーズ。昭和、平成、令和と時代をまたぎ、現在放送中の「仮面ライダーセイバー」まで50年にわたって子供から大人まで多くのファンを獲得してきた。手塚は「『仮面ライダー』を今楽しんでる人、かつて楽しんでいた人、まだ観たことがない人。人類皆に等しく、『仮面ライダー』をさらに楽しんでいただきたい。その思いでございます」と訴えかけ、発表会をスタートさせる。

「風都探偵」のマンガイラスト。(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)

「風都探偵」のマンガイラスト。(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)[拡大]

新たな施策として、まず「仮面ライダーW(ダブル)」のその後を描くマンガ「風都探偵」のアニメ化、そして「仮面ライダーBLACK」が「仮面ライダーBLACK SUN」としてリブートされることが事前に発表されていた。東映のテレビ企画制作部長・塚田英明は、「風都探偵」のアニメ化について「映像作品から始まり、それをマンガにするときに発見や進化がありました。アニメーションという次の形態になるにあたり、同じようなことを実現させたいと思っています。『仮面ライダー』を作りたくてうずうずしているクリエイターたちと今一緒に作業しています」と意気込みを伝える。

「仮面ライダーBLACK SUN」ロゴ (c)石森プロ・ADK EM・東映

「仮面ライダーBLACK SUN」ロゴ (c)石森プロ・ADK EM・東映[拡大]

「仮面ライダーBLACK SUN」については、東映取締役・吉村文雄から説明が。元となる作品「仮面ライダーBLACK」を「兄弟同然に育った親友同士が戦うことになる物語で、2人の関係性にフォーカスした内容。それに伴って苦しみなど人間性に突っ込んだドラマでもある」としたうえで、リブート版の監督に起用された白石和彌について「どのように新しい作品としてよみがえらせるかとなったとき、白石監督にお願いしてみては?となった。白石監督の手に掛かることで、どのように生まれ変わるか個人的にも非常に興味があります」と期待をにじませた。

白石和彌

白石和彌[拡大]

白石からもコメントが寄せられ、「仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!」と代読された。

「シン・仮面ライダー」ティザービジュアル

「シン・仮面ライダー」ティザービジュアル[拡大]

さらに「仮面ライダー生誕50周年企画」の目玉として、庵野秀明が脚本と監督を担当する実写映画「シン・仮面ライダー」が製作されることが明らかに。2023年3月公開予定ということ以外、キャストやストーリーなどの詳細は不明だ。製作決定と同時に、アニメーターの前田真宏が描いたイメージ画も解禁された。

東映取締役・白倉伸一郎。

東映取締役・白倉伸一郎。[拡大]

東映取締役・白倉伸一郎は「全人類に放つ作品です」と同作に大きな自信をのぞかせる。そして「『仮面ライダー』は100周年に向けて大きく羽ばたき、全人類のヒーローになっていくと信じております。庵野監督も含め、初代(仮面ライダー)から恩恵を得て育ってきた我々が、次の世代に向けてバトンをどう渡していくかが50周年の節目に与えられた使命だと思っています。今後とも『仮面ライダー』シリーズをよろしくお願いします」と力強く語った。なおイベントでは「シン・仮面ライダー」制作に合わせて、1971年放送「仮面ライダー」の出版企画も、庵野の企画により検討開始していると発表された。

この記事の画像・動画(全16件)

関連記事

庵野秀明のほかの記事

リンク

(c)石森プロ・東映

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 庵野秀明 / 白石和彌 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。