劇場版「七つの大罪」で倉科カナが最高神に、麒麟川島とノンスタ井上は魔神役

75

「劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』」に倉科カナ川島明麒麟)、井上裕介NON STYLE)が出演していることがわかった。

上段左から川島明、倉科カナ、井上裕介。下段左から川島が声を当てる魔神、倉科が声を当てる最高神、井上が声を当てる魔神。

上段左から川島明、倉科カナ、井上裕介。下段左から川島が声を当てる魔神、倉科が声を当てる最高神、井上が声を当てる魔神。

大きなサイズで見る(全3件)

「劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』」ティザービジュアル

「劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』」ティザービジュアル[拡大]

鈴木央のマンガをもとにした本シリーズは、7人の大罪人により結成された“七つの大罪”が世界の危機に立ち向かうさまを描く物語。劇場版第1弾と同じく、鈴木による完全新作オリジナルストーリーをアニメ化した本作では、テレビアニメから続く“最終章のその先”がつづられる。声のキャストとして主人公・メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天らが続投した。

倉科が演じるのはエリザベスの母であり、女神族を束ねる“最高神”。メリオダスに“永遠の生”の呪いをかけた張本人であり、謎に包まれた存在だ。また川島と井上が十戒の1人でありメリオダスの弟・ゼルドリスに仕える魔神に声を当てる。このたび鈴木が特別に描き下ろした魔神のビジュアルも公開された。

倉科は「七つの大罪はアニメも漫画も拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、お話を頂いたとき年甲斐もなく飛び跳ねて喜びました!!」とコメント。川島は「メリオダスやホークの顔を思い浮かべながら7つののど飴を食べて挑みたいと思います」と、井上は「芸能界に入った時の夢の1つが、アニメの吹き替えすることでした。夢を叶えてくれた七つの大罪に感謝しかない!!」と述べている。

「魔法少女リリカルなのは Detonation」の浜名孝行が監督を務め、池田臨太郎が脚本を手がけた「劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』」は、7月2日に全国で公開。

倉科カナ コメント

七つの大罪はアニメも漫画も拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、
お話を頂いたとき年甲斐もなく飛び跳ねて喜びました!!
オファーいただいたときは、ただただ嬉しかったのですが、時間が経つにつれプレッシャーに襲われています。
錚々たる声優さんたちの中に入るのですから、世界観を崩さぬよう気を引き締めてアフレコに参加させていただきたいと思います!

川島明 コメント

大好きな作品に自分の声が関われると知ってこれ以上ない幸福感に包まれております。
アフレコ収録の際はメリオダスやホークの顔を思い浮かべながら7つののど飴を食べて挑みたいと思います。
同じゲスト声優のNON STYLE井上くんともどもよろしくお願いいたします!

井上裕介 コメント

まさか! まさか!
大好きなアニメの声をやらせていただけるなんて、光栄過ぎる。
そして、芸能界に入った時の夢の1つが、アニメの吹き替えすることでした。
夢を叶えてくれた七つの大罪に感謝しかない!!
メリオダスとエリザベスの邪魔だけしないように頑張ります^_^

この記事の画像(全3件)

関連記事

倉科カナのほかの記事

リンク

(c) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 七つの大罪 光に呪われし者たち / 倉科カナ / 川島明 / 麒麟 / NON STYLE / 井上裕介 / 鈴木央 / 浜名孝行 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。